つれづれ(感謝!)

ヒジハラ

今日は桐野お休み。
あの規模を毎日は結構ハードよ…

しかし読み返してコメント欄の自分のテンションが明らかにおかしい(笑)
というのも凄く楽しいのである!おもしろすぎて大興奮(笑)
今日はそのコメントを出勤間際ギリギリまで書いていたので日本語すらおかしい。
読み返してあっ…となる…スイマセン(;^ω^A

桐野の指の話、コメント欄でやり取りをさせて頂いてあのまま書きっ放しはちょい危険だと思うので、エントリの上に注釈を付ける必要がありますが、書いてよかったと思います。
書いてみるもんだとも思う!(そしてこれは右手ではなく左手だと更に思うように…)

何故なら分からない事や疑問であることについてコアな所で意見交換や情報交換が出来るの、リアルな所では大学時代からの親友であり院生時代の戦友でもあるみさわちゃんしかいないのだ、私。
中々会えないしなあ。アイミスユー
不人気近代(中近世の修士後期課程からは歴史扱いされず佐々成政を知っているだけでなぜか驚かれ、近世の研究会に連れて行かれそうになった苦い思い出がある。近代専攻でも佐々成政位知ってる)は私たち二人しかゼミ生がいなかった。結束は固いぞ!(笑)

彼女は日清戦争に至る辺りまでの外交史+昭和陸軍(めちゃ詳しい)、私は明治中後期から昭和初期にかけての軍事制度・政軍関係史で、お互い情報交換しあいました…
私は彼女に本当によく助けてもらった。
みさわちゃんも凄くカバー範囲が広いので、会った時は中近世幕末から大東亜戦争中位までの話になるのだけれど、好きなる人物のタイプが真逆に近いw被っている所もかなり多いけどな!
広瀬の話は聞いてもらうことも多いけれど、桐野の話はしたことないわ~
桐野と一緒に走る夢見たとかその程度(マジです)

ということで、桐野でここまでしつこく書くのも初めてなのですが、意見交換が出来るのも初めてなのです。実際には教えて頂くことばかりなのですが!
めっちゃ嬉しくて楽しい。なかむらきりの様、ありがとうございます。
そう思うと今の連載、昨年のドラマの腹いせで始めたのですが、悪いことばかりではなかったなと思います。分かってます現金です(笑)(あんなに怒ってたのに…
なかむらきりの様には、もうかなり前になりますが別府晋介の弟作四郎についても随分詳細なご教示を頂きました。関連地の踏破と史料の渉猟に頭が下がります。

しかし本当に知らない事ばかりだわー。
史料/資料と史料/資料の隙間を矛盾のない想像で、論理で埋めて行くのが本当に面白くて好きで、「桐野の指①」の腐ったのでは?というのは正にそれなのですが、未見資料のご教示でまた違う状況が生まれてきました。笑
まだまだ勉強不足で、まだ調べる余地考える余地があるというのが、これまた嬉しい。
分からないまま終わるのはストレスだけれど、楽し過ぎる!

064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg 
 
しかし私は本当に勉強不足だわー(笑)
頑張らないとなー

ブログのコメント欄に限らず、拍手やメールひっくるめてコメント頂いている方からは本当に教えて頂くことばかりです。
ジゴロウ様からは私が注目している外側の視点からのご指摘が多いですし、MV様からは私そこまで見てなかったと思う鋭い視点が多いと感じています。
色んな見方がある事を改めて教えられ、本当にありがたいです。

間違いをご指摘頂いた事が縁で、今ではメールで大鎧関係、古代中世関連のお話を折々にさせて頂いている方もいますし、先日はインパール作戦関係で祖父と同じ部隊に御親族がおられた方と電話で情報交換をさせて頂いたりもしています。

一昨年は中学生の方からも、誠意と熱意の伝わるとても嬉しいご感想を頂きました。今年卒業かな?
若い子のお手本になるような文章を書きたいけれど、私ではそこまではとても無理w
まさか10代前半の子が読んでいると思わなかったの。驚いたし嬉しかった。
面白がって読んでくれたら、それでより歴史を好きになってくれたらいいなと思う。

インターネットって凄い広がりですね。
私全然使いこなせていなくて、正に豚に真珠ですが。

コメント、拍手、ランキングクリックしてくださいます皆様、また遊びに来て下さる皆様、いつもありがとうございます。
なんだか、いまさら照れくさいですが。笑
関連記事

日本ブログ村 人気ブログ

Comments 2

There are no comments yet.
なかむらきりの  
いえいえ、こちらこそ

有難うございます。
「木を見て森を見ず」と言いますが、私には木しか見えません。森を見たくても私には大き過ぎて見えないのです。なので、その木にしがみついています。
大学もお情けというか、授業料の安い学年は早く出せの方針だったのか、卒業はさせてもらいましたが、大卒と言うのが恥ずかしいレベル。この年齢になると、自分の頭の悪さが一層身に染みます。

土原様のブログを初めて読んだ時は驚きでした。
随分お若いのに「土原(失礼)、半端ないって」と、(古い言い方ですが)圧倒されました。
凄い人が桐野ファンで本当に嬉しかったです。
今回も色々書いてご迷惑をおかけしたのに、温かいお言葉に感謝です。毎日本当に楽しかったです。明日以降も楽しいと予想しています。(プレッシャーではありません。)

2019/01/10 (Thu) 00:12 | EDIT | REPLY |   
ヒジハラ
ヒジハラ  
>なかむらきりのさん

いえ、とんでもないです…私も大局からとかは中々分からないので木を眺め倒している状態です。
なので余計に皆様から頂くご指摘やご教示頂くのがありがたくて。迷惑だなんて全然そんなことありません。
私の場合はありがたいことに学校に少しだけ長く行かせてもらえましたが、本当はどれだけ長く勉強したかというより、どれだけ深く勉強したかという質が大事なんだろうなと思っています。
それがもっと早くに分かっていれば、私はもう少し頭が良かったかも…(笑)
どの世界でも同じなのでしょうけれど、勉強はやっぱり探究心を持って続けていかなければと思います。

思えばなかむらきりのさんにはもう随分長いことお付き合い頂いているなあと。
本当にありがたいです。10年超でしょうか。
花井虎一の薩摩切子関連でも温かいコメントを頂いたのを覚えております(当時写真で出した薩摩切子は年月を経て私のものになりました。笑)。

桐野は中学生の時に読んだ『竜馬がゆく』の中村半次郎で好きになったんです。
竜馬と『翔ぶが如く』の最初と終盤の違いに混乱しどうしてこうなったのかなと思ったのがそもそもで今まで来ています。
ブログに来て頂いた頃は、調べるうちに好きな人物のイメージと実像が本当に違いすぎる気がする!というその程度を書き散らしていた気がします。恥ずかしい。笑
なかむらきりのさんからご連絡いただくようになってから、知らないだけで色々な資料や逸話が残っている人物だなと改めて認識するようになりました。
こちらこそ感謝感謝です^^

2019/01/10 (Thu) 08:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply