サイト更新( 史跡:熊本城2/神風連の乱)

ヒジハラ

史跡 近代【熊本城(2)/桜山神社、神風連資料館】

熊本城×明治の続き。
今回は神風連の乱関連の石碑、史跡の紹介になります。
軽く神風連の説明から入っていますので、宜しくお付き合いくださいませ。

神風連は石光真清の『城下の人』を読んで非常に印象が変わりました。
この方々、人間的には非常に尊敬を集める人たちであったようです。
ただ以前書きましたが、神風連の人々は同時代の熊本士族にさえ理解されなかったようで、他党で敬意を持って賀屋や太田黒を見る石光の父のような人は少なかったようです。

また同じページで紹介している桜山神社は宮部鼎蔵を初めとする肥後勤王党、神風連の乱に参加し亡くなった人々を祀っています。
そしてこのこの境内にあるのが神風連資料館(神風連関連だけでなく、勤王等の河上彦斎の遺品も展示されていました)。
結構内容の濃い資料館であったと覚えています。
そして館の方と大分長いこと話し込んだんだよね…
個人的には色々と印象に残る資料館でした。

宜しければご覧くださいませ。
次から西南戦争だなー。うわー

***

メールを送付していただく際、確認をお願いしております「問い合わせの前に」を改訂しました。
ここの所困るようなメールもありませんのであれこれ省いて簡単なものにしています。
皆様にご協力頂いているお陰です。本当にありがとうございます。
ただ間違い指摘の所だけはそのままにしてあります。あれは大事。
まあ、何かあったらまた戻せばいいかなと思っていますが、戻りませんように…
うん…
引き続き宜しくお願いします。

***

拍手いただきました方、ありがとうございました!
続きに拍手の返信があります~
 
 
>MVさん

LPレコード!良いですね~羨ましいです…
TEO TORRIATTE、印象に残りますよね、日本語ですし流石に^^
私はもう、日本語!?という印象が強すぎて(笑
もう30年も40年も前の曲ばかりなのに、未だに色褪せていないのが凄いなと思いながら、映画を見て以降CDを引っ張り出してきて聞いています^^
関連記事

日本ブログ村 人気ブログ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply