恙なし

朝っぱらから住んでいる地域が震度5弱ということで、マジでビビりました…
阪神淡路大震災を思い出して暫く体が震えていたのは私だけではなく、家族も職場の人も殆どがそうだったようです。めっちゃ怖かった。
朝から親戚やら友人やらから安否確認の連絡が入り、本当にありがたい限りです。
そしてメールにてご連絡頂きました皆さま、ありがとうございました。

かなり大きな揺れであったに関わらず、写真立て (広瀬…)が倒れた程度で済みました。
食器も何一つ割れてなかった。
そういう状況ですので、私も家族もわんこも無傷であります。
職場の方でも何かあったという話はなかったので、とにかくほっと胸をなでおろす。
そしてこんな時まで働かんといかんのだろうかと言いつつ職場に行く私たち社畜よね…という話で終わるのだった(定時出社定時退社でござる)。
まあ、なんだかそわそわふわふわして何となく上の空で、全然仕事にはなってなかったのだけれど。
今日は本当に座っているだけだった。

ただ前の熊本地震の例もあるので、引き続き気をつけないととは思います。
自然の力怖い。

***

先週、教員用教材の為のコンテンツとしてブログ記事をとあるポータルサイトに転載させてくれという話がやってきた。
教育用か。役に立てるなら別にいいかなと一瞬思ったのだけれど、一応運営者はどういう所かと調べたのですよ。
どうも怪しい。調べた限り運営は相当なブラック企業である。
その上「転載許可くれ」だけで、どの記事をという話もなく、運営サイトに乗せる際は運営者がやるので、ヒジハラは何もしなくていいとのこと。
ほほう…
転載許可を与えると無条件に全てのコンテンツを持っていくという訳か。
しかも私の名前は出すけれど、私は関与しないでいい、楽でいいでしょ、と。
それは変だろう。
しかもそれ、商業利用ですよね。
商業利用するのに書き手に報酬はなしですか、と思うのですね。
この辺りは当サイト/ブログでキュレーションサイトへの転載を許さない方針と同様です。
不思議なのだけれど、時間も労力も掛かっている人の成果物を、どうしてただで買い叩こうとするんだろう。

結果。はい、却下。

そして人伝てに現役教員の方にもちょっとお話を聞いて頂いて、却下で良かったと改めて思いました。
たまにこういう話来るね…
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment