展覧会など

GWに奈良国立博物館で開催中の「春日大社のすべて」展を見てきました。



20180507_2



春日大社の宝物展は一昨年にリニューアルオープンしまして、現在大変綺麗な建物になっています。

私まだ行ってないんだけど…

そちらに行くよりも先に奈良国博で開催されている展覧会に行くという。笑


こちら本当に国宝と重要文化財が多くてですね、中でも私が大好きなのは刀剣と甲冑です(サイト:オリエンタルビューティ)。大鎧ですよ。

こちらには有名な赤糸威大鎧(あかいとおどしのおおよろい)が2領があり、その内の竹虎雀金物は恐らく日本で一番有名な大鎧ではなかろうか。

これは伝源義経奉納です。

前期の展示ではこちらが出ていましたが、私が見たかったのはもう1領の「梅鶯金物」の方だった…

いや、竹虎雀金物、いいんです。

本当に美しいんですよ。

ちなみに上写真の図録の兜の獅噛(しがみ)は竹虎雀金物のものです。

しかし私は梅鶯が見たかった…

何でって伝源義家だからですよ。八幡太郎だからですよ。


そして金地螺鈿毛抜形太刀(猫がすずめを追いかける意匠でとてもかわいい国宝)は出ていたのだけれど、国宝の金装花押散兵庫鎖太刀は出ていなかったのだ。

伝義経の籠手も出てなかったー。

まさかの。

見たかったものが悉く後期の展示(笑)

私、展示替えを全く考えていなかった…!

064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg


しかしそれでも、見ごたえがかなりある展覧会でした。

鹿島神宮からも出陳されていたのですが、刀身が2mを越える直刀(国宝でした)なんて初めて見ました。

驚いた。

刀身は抜かれた状態で展示されていましたが、これ抜くの大変だろう…

というか抜いてある状態が常態なのか?

反りが入っていたら抜けないよなあ、この長さ。


混み始める前に見学を終えたのですが、思っていたよりも早い時間だったのでそのまま天王寺で開催されている「江戸の戯画」展へ。

これも結構楽しみにしていたのだ…



20180507_3



目玉は前期に揃う歌川国芳の金魚尽くしシリーズの9作品。

揃うのは初めてだそうです。

テレビでも放送されていたのかな?これテレビで…という言葉を会場で何度か耳にしました。



20180507_4



戯画ということで飄げたものが多く、とても面白い展覧会でした。

耳鳥斎なども最近は結構見るようになってきたと思いますが、本当に飄々としているというか。

ほっこりしていて、かわいい。

北斎、暁斎の浮世絵などもかなり出ていて、出品点数的にも、内容的にもかなり満足のいく展覧会でした。疲れた。

図録が欲しいな、と思って忘れて帰ってきてしまった。



IMG_5627R.jpg  



そして疲れが溜まりに溜まっていた上での奈良天王寺の強行軍は、完全に体調にトドメをさした。笑

週末は熱ー。今日も微熱ー。はー…


**


あれこれとちょっとキておりまして、これはあかん、戦歴調査も少しだけ忘れて、とりあえずちょっと好きなことやろうと、史跡案内に手を出しました。

今、桐野利秋関係の史跡を作っている&改定しています。

サイトの方がちょっと止まったままになっていますので、形にして更新したいと考えています。

訪問して下さっている皆様、長らくの留守でごめんなさい…


何故桐野のチョイスかというと、まあ、大河ドラマで興味がある方も多かろうというそれだけです。笑

一応第1話から録画はしているのですが、まだ1話も見ていないのですが。

…面白いの?

西郷万能でやってるような感じが紛々とするので、食指が動かないというのもあるのだがー。


熱で部屋をごろごろしている時にNHKの「幕末メシ」やらブラタモリの薩摩の回やら、先日のヒストリアやらを見まして。

ブラタモリで「たんたど」の地名(下の方)が出ていていっぺんに目が覚めました!

石の名前だったんですね。

たんたどのバス停の辺りは石切り場だったとテレビでは言われていました。

うーん、だったら「韃靼冬冬」は「たんたど」ではないのかな?

地名は難しいわ…


そして創作も進めたいぞーと思いながら日々妄想に逃げています…

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment