201803241930420652.jpg



他館貸出を依頼してやってきた本が全く何の、物の役にも立たんという。

いや、私ね、インパール作戦の話が読みたかったの…

(祖父が所属した山砲兵第31連隊第3中隊の配属先が歩138の第3大隊でした)

この本中国戦線で終ってた。


064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg


連隊史ってあるのに。連隊史って。

どういうことなの。

今日しか持っていけないので今日返しに行きましたが、何という骨折り損のくたびれ儲け…

というか、私がネットで読んだ「連隊史にピンマのスケッチが載っている」という記述、まだほかに連隊史があるということだと思うのだけれど。

うむー

手元にある『烈百三八ビルマ戦線回顧録』にはそれらしきスケッチはないぞ^^;

…忘れよう…

見なかったことにしよう…


3月に入ってからはかなりバタバタしていて、戦歴調査は全然前に進んでいないのだ。

落ち着いて本を読む時間がなく、そう意味では中国戦線で終っていて良かったのかもと思える。

ぴっちり2週間しか借りられないので。

ビルマ戦線回顧録の方は借りている県立図書館がリニューアルで貸出期間が超長く、超長く(2回言う)、7月初旬まで!

天の配剤か!


今回借りた/借りている連隊史は歩兵第138連隊のものなのですが、これが奈良の編成。

編成地なんて別段調べなくても一般書にも載っているもんで、まあ、奈良だなと思って今日返した本なんかは見ていたわけですよ。

そうしたら寄稿している人の住所なんかも載っていて、よくよく見たら、


<◎><◎>


……親戚?


と思う人が…

住所と言い、名前と言い…

いや、どうだろう…あの辺り同じ名字結構ある…

あるけど…(本家は奈良なの)


そしてよくよく見たら見慣れた風景の写真が掲載されとるのよ。

うちのお墓があるお寺に戦没者の区域があってだな、大きな忠魂碑が建てられているのですよ。

そこがこの歩138の忠魂碑だとは思ってなかった。

子供のころからずっと見ているのに、今更気付くなんてと思うけど、まさかインパールに参加していた部隊とは思っていなかった。

というか、祖父の部隊が行動を共にした部隊とも思ってなかった。

なんだか不思議な縁を感じるわー

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment