本棚整理

相変わらず年末年始しんどい。
年末年始に限らず12月は休みがほぼこき使われて終るので、休みはあってもないのと一緒というか、普通に働いてる方が楽…(´;ω;`)
それでも自分の部屋も少し片付けるかということで、こんなこと


20171230


になっている本棚を新調しました。本棚というかオープンラックですが。
本の重みに耐えかねて…
と言いたい所ですが、上の物を取る時にうっかり足を掛けてしまい踏み抜きました(笑)
安物オープンラック(自分のせいやろ
ついでに以前弟が後ろの板も踏み抜いてくれて(笑)バキバキになっており、見るも哀れというか既にラックとしての寿命は尽きておるのだー。
お前はもう死んでいる。


20171230_5


そして場所が無いので本棚の前に本棚を重ねるという悲しさ。
奥になっている本棚の全体像を眺めるのは数年ぶりで、重なる部分は本当に触らないものばかりを詰
めている。
右側は大正~昭和の本が多いですね。
昭和の海軍の本が中心になっているのと、原敬など政治家関係。
左側は雑多にあれこれ。江戸時代の本や文庫と新書。


20171230_5\6


中々いい感じに整理されました(多分
困るのは雑誌やムック本で、これらは大きさがまちまちであったり、嵩張ったりで本当に場所を食う。
一番上の段なんかは背表紙を上にすればもっと収納できる筈だけど、そうすると存在を忘れそうというか…^^;
うーん、悩ましい。
そして右上に見えている段ボールには論文史料や学生時代の資料あれこれが突っ込まれたまんまでごわす。
捨てられない上に(努力の跡なので。それに結構厳選して残しているので)手が付けられず、ずっとそのまま。
せ、せめて段ボールぐらいはどうにかした方が…と自分でも思うのだけれど、紙はかさばるばかりで本当に整理が難しい。

どこかで断捨離は必要だとは分かっているのですが、それが中々。
いつかテレビの整理整頓番組?で
「本は1度読んだらもう読まないので捨てて、図書館で借りろ」
と言っていたのを見てうわー…と驚愕したのですね。
そういう本の読み方しかしたことないのかな…と思ってテレビ切った。
この人とはきっと分かりあえないわー


20171230_4


そして以前書いたイケメン付箋風戦国武将ステッカー、見つけた。笑笑

「そなたは私の毘沙門天」(キリッ

わはははは!
全体的に背中にうすら寒いものが走るのですが(酷い言いよう)、ウケはする。笑
「お前に拒否権はない」の織田信長はこれが通常運転だと思うのだが。

お節の担当部分はあと海老を残すばかりですが、今日は今から姪っ子とケーキ作りです。
休む間がねえ。

***

サイドバーの「このブログについて」欄にインスタのリンクも追加しました。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment