抜歯

先週から少し違和感がありまして、歯医者に行ってきたのですよ。
さーっと画像診断して、先生曰く

「親知らずが虫歯になってる。抜いたほうがいい」

はい、怯みました。
いや、だって、行って5分でそんなこと言われると思ってない。笑

「火事になった家は隣に延焼する前に引き倒した方が良いんだよ」
「そっ、ソウデスネー(棒)」

結局その場で抜くことに。
上顎、その上根が浅い歯であったので、さしたる痛みもなく終わりました。
「ちょっとみしみしいうかもー」
…って先生いちいち表現が怖い!怖いよ!(笑
本当にちょっとみしみし聞こえただけで、割と簡単にすぱこーんと抜けました。
周囲から恐ろしい話ばかり聞いていたので本当に怯んだのですが、一番痛みが少ない所の抜歯(しかも簡単)だったようです。
診察20分ぐらいで終わった。あっさり…

抜いた親知らずを見せてもらったのですが、虫歯が神経まで達していた。うおお…
幸いにも隣の歯には延焼(笑)していなかったようで、親知らずだけで済んだのだけれど。
しかし少しおかしいかなと感じる位で、ぜんっぜん痛くなかったのよ。
子供は痛みに敏感なので虫歯に気付くのも早いそうですが、大人は痛みに耐性がついてしまって、気が付いた時には大きな虫歯になっている事が多いそうです。
そうしたことを読んだことがあったので、歯磨きは本当に気を付けていたのに。

歯ブラシが届かない所で、「虫歯になるとしたらここ」と先生から言われていたこともあって、めっちゃ気を付けていたのに~(磨きにくい所だから仕方ないと慰められる)
皆さんもお気を付け下され…


今日は昭和天皇の記事(昭和天皇と周囲の人々(主に明治))がとってもよく読まれています。
テレビで昭和天皇の話でもあったのかな?
お楽しみいただければ幸いです…


20171126


そして見つけた昔の雑誌。
著者がなんと祖父がいた山砲兵第40連隊第1大隊の方だった…!
士官で、高木俊朗『抗命』にも名前が出ていたのだけれど、経歴を見たら祖父と同じ昭和15年徴集兵だった。うっそ。
しかも昭和16年10月の時点で同じ中隊にいてる。
最終が中尉になっているのだけれど、中尉にまでなれたの?
少尉までかと思っていたのだけれど…
しかしめちゃめちゃ優秀やったんやな、この方。
驚きました。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment