つれづれ

ブログにまで中々手が回らなくてすいません。
この3連休はサイトの閲覧数が凄くて少し驚きました。
遊びに来た下さった方、ありがとうございます。
何かあればご感想など頂ければ喜びます。笑

週末に香川で祖父の法事があり、出来ている所までということで軍歴証明書ノートを母に持っていってもらいました。
私はわんこのお世話係として留守番である。そして仕事であった…

とても喜んでもらえたようで、従妹ちゃん(高校生)が凄く調べてあるけど、どうやってこういうの調べるのと言っていたらしい。
入り口を見つけたらそうでもないのだけれど、そんなもんかなあ。
反応を聞いていて、やっぱり私が調べないとこのままじーちゃんの戦歴が分からなくなりそうだなと。

そして年末には渡すって言ってきたからという無情な言葉と共に母が帰ってきました。
<◎><◎> ワカリマシタ(白目)
か、簡単に言うけどね…!
そのつもりではいるのだけれど、調べる方の身にもなっておくれ。

牟田口廉也の事を書かなければならないというのがちょっと…
いつもここで躓くのだ。
みさわちゃん(※昭和陸軍に大変詳しい彼女の専門は日清戦争に至る迄の外交でした…)とも話していたのだけれど、牟田口は本当に無理。

クソみたいな机上の空論であれだけの兵隊を殺しておいての、戦後の自己弁護には反吐が出る。
体が震えるわ…

大東亜戦争全般に関して思うことだけれど、大本営の机上の空論と誰も責任を取らない官僚体質には愕然とする。

驚くほどの無責任には、こいつらいったい何なのかと思うことが多い。
違う世界の生き物を見る目で見てしまう。

最も愚劣、最も無謀と言われたインパール作戦は大東亜戦争の縮図を見るようで本当に息苦しい。



みさわちゃんと『応仁の乱』読んだ?という話に…

私まだ読んでない!というか『観応の擾乱』の方が気になるのだ…!(笑

みさわちゃんは尊氏派(というか師直)。私は直義派。


「……」

「……」

「「…敵やな…」」


この話題ではいつもこうなる。笑

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment