落ち穂拾い(4)

  • CATEGORY旅行        
植木駅の待合室で母子連れに会ってだな。
附近の地図を確認していたら、
「もしかして田原坂の方に行かれますか?」
「あー…行ってきたところです…」
話を聞くと、東京からの親子連れ。

乗った電車が田原坂には止まらないものであったようで、ひとつ前の植木で降りたらしい。
そうなのだー
普通なのに田原坂に止まらない電車があるのだ…!
無人駅だからか?
それで植木からタクシーでということであったのだけれど、植木からよりは木葉からの方が断然近い。
というか、田原坂駅からタクシーで行くより木葉駅からタクシーの方が断然近いぞ!多分!

…という話をマイルドにしたのだけれど(したんか)、残念ながらこれぞ後の祭りである。笑
お気の毒様。
暫く一緒に話をしていたのだけれど、来年の明治維新150年に合せて出ているスタンプラリー(全国版)をお子さんが集めたいということで、あちこち回っているとの事だった。
正気なの?(震え声

タクシー来るまで20分?ああ、それ位掛かるでしょうね。
次の電車?行ったばかりだから30分後ですよ。
「え…30分……?」
すぐ来ますねー
「30分…」

横手行きの北上線は2・3時間に1本ですよ。涼しげな時刻表

全然調べずに東京の電車の感覚で来たらしい。
私も阪神間で30分と聞くとキーッ!となるけどね。
旅行先だと1時間に2本もある!になる不思議…


植木はとてもじゃないけど歩きでは回れないので、私もタクシーで観光。
この辺りは本当に乃木希典の関連が多い。


乃木希典@植木


千本桜。
小倉第14連隊が退却集結地にしたところ。
連隊長乃木希典少佐がここで点呼を取った所、連隊旗手河原林少尉が到着していなかったところから彼の悲劇が始まります…


河原林少尉墓地@植木 


河原林少尉のお墓。
河原林少尉が切り殺され、軍旗を奪われたところ。
石垣?の上にあって完全に逆光ですねそうですね。
久々に行ったらここまで登れる階段が付けられておりました…
タクシーの運転手さんに伺うと、NHK大河が篤姫の時に出来た、そうです。
そうなの?私多分篤姫の後に来てると思うのだけど、記憶違いしてるのかな(私が

西南戦争の頃はまだ連隊にとって連隊旗は死ぬほど大事なものではなかったのだけれど、昭和に下ると完全に神聖なもの扱いとなっております。
破れたからといって再下賜なんかはされないのですよ。乃木の時はされているのだけれど。
なので歴史のある部隊の連隊旗であると、房と棹しかないとか、そういう状態。
完全に残っている連隊旗は殆どない、というか靖国神社に残っている1旗のみ。

連隊旗手ってね、凄く目立つのです。
そらー言ってみれば連隊の顔なので当然ですが、そうであるから連隊旗手の選考基準は、
士官学校を卒業したばっかりの新品少尉で、

眉目秀麗・容姿端麗・長身であること。

笑ったあなた、本当ですよ。
若いイケメンじゃないと連隊旗手にはなれなかった。

連隊旗は下賜とありましたが、昭和になると天皇から直接連隊長に拝受されるようになりました。
居並ぶ皇族、元帥、参謀長、首相陸相と言った文官連中の中で、連隊長と連隊旗手のふたりで貰いに行く。
そらー初代連隊旗手なんて名誉以外の何物でもなかっただろう。
連隊長とは言え天皇を至近距離でなんてことが滅多にある訳なく、居並ぶ文武百官とも物凄い身分の隔たりがありますので、拝受式は緊張するなんてもんじゃなかったそうです。

連隊旗と言えば、最近読んだ『脱線陸軍よもやま物語』に連隊旗手は童貞でならなければならないという話があった、とあり、思わず笑ってしまった。
しかしながら連隊長が連隊中のメンバーを見回しても生臭い奴ばっかりで、中々チェリーっぽいのがいない。笑
当時の若い将校は花街色町ではモテモテで、公然とその方面の後輩指導をやっていた時代。

そこで目を付けたのが士官学校を卒業したばかりの少尉。
士官学校は飲食店・デパートに入ってはいけないという厳格な教育を受けていたことになっているから、一番チェリーボーイである確率は高い。
だから毎年卒業してくる新品少尉の成績の良いのが任命されることになっていた。


だが、一年もたつと、例の後輩指導によって、清純であったのも、そろそろ怪しくなり、中古車なみになるから、つぎの新車と交換することになる。
だから通常、この栄ある任期は一年である。


そうか、それで任期1年やったんや。笑
河原林少尉はイケメンだったのだろうかー(こら
明治10年だと多分そんなこと考慮されてなかったと思うけど。

植木はずっとタクシー利用でした。
官軍墓地に行ったり薩軍墓地に行ったり、神社に行ったり、多分1時間ぐらいであったと思います。
そのままやってきた電車に乗ったら、同じ車両で上の親子連れと再会してしまいこれまた笑ってしまった。
こういうこともあるのね。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment