Para Bellum

ARTICLE PAGE

14 2017

つれづれ

  • CATEGORY
  • COMMENT0
20170814


\(^o^)/

大ラス当たった!!やったーやったー
大ラス行くのは初めてなんである!楽しみじゃー。
Epic Nightは行けなかったので、えー…何年振りのライブ?
とにかく楽しみ。2月まではこれで頑張れる。笑
ここ何年かの曲の中では「RED」がダントツに好きです。
ライブで聞いてみたいけど、Epic Nightのセトリに入っていたようなので難しいかなあ。


『九十三歳の関ケ原』読了。
大島光義という実在の人物を取り扱った歴史小説で、結構面白かったです。
多分私、今までにも名前をかすっているのだと思うのだけれど、全然記憶が…ない…
最後の「人を殺さずに戦を終わらせる矢を放つことこそ真の弓」というセリフは、中島敦の『名人伝』を思い出しました。
あとオイゲン・ヘリゲルの『日本の弓術』。

久々に本屋に行って見つけたのが『悪左府の女』。
おお…悪左府頼長…
とりあえず図書館に入っていたので予約した。
著者は伊東潤。最近よく見るな、この方。
川路利良の小説が出ていたり、あと昨年だったか一昨年だったかに新聞で連載されていた『敗者列伝』が面白く、ちょっと興味がある作家ではある。

あとぶらぶらしていたら『泣き虫弱虫諸葛孔明』の5巻が。知らぬ間に完結していた(笑
また時間見つけて読みますわ。

そして最近『赤松小三郎ともう一つの明治維新』(関良基/作品社/2016)を読んでいたのだけれど、う、うん…
何というかぶっちゃけ40P位で挫折した。

可然先生御雇之儀如何可有之哉
諸生衆被聞合先生罷在候ハ
是仕合之事ニ付キ精々探索被致候

という
宛先:大久保一蔵、吉井幸輔
差出:内田仲之助、村田新八、田中清之進
…の、6月7日付書簡が紹介されていた。
ちなみに年代は不明なのだけれど、この著者の解釈が、

・文中にある先生は赤松小三郎だろう
・然るべき先生として赤松を迎え入れたことに対し、「本当に先生として信頼して大丈夫なのか?」と差出の3人が大久保吉井に問い合わせていた様子が窺われ、
・こうした懸念に対して差出3人が「これは仕合せの事なので精々探索させます」と回答したのだろう
・探索方に指名されたのが中村半次郎らであったのだろう

………?^^;
いや、あの、読み方が滅茶苦茶じゃないかこれ…
書簡全体が掲載されているのではないので、何とも言えないけれど、

然るべき先生雇用の事について書生らに大久保、吉井が問い合わせて、よい先生がいたならば、これは仕合せの事だと思うので、精々(一生懸命)大久保・吉井で先生を探して下さい。

という意味だと思うのだけれど。
「被」を取り落としていて、書簡の主語述語がヘンになっている上に、著者の解釈の話は何一つ書かれとらんと思う。
要するに、自分の思う方向に史料の解釈を曲げてないかという。
ハイ、ここで読む気失せて終了。
早かった。

面白そうだっただけに正直ちょっと残念な感じはあるのだけれど、なんだかな。
関連記事

0 Comments

Leave a comment