Para Bellum

ARTICLE PAGE

11 2017

サイト更新(ダイバーシティ・山本信次郎)4-1

サイト更新の御案内です。

近代 【ダイバーシティ(4)-1】

こ、今回で終わると思ったや…(終わらんかったんやな)
多分次回で終わる。多分。笑

山本信次郎の伝記を読んでいて、一番驚いた所は今回書いた所でした。
こういう経歴の人が軍人の中にもいたのだなというのが今回の題名になっている。笑
昭和天皇が皇太子時代に外遊した時に、山本が仏語通訳を務めたことは知っていたのだけれど、流石にここまでとは思わんかったわー。
つらつら思うに私、山本の名前を今迄何度か見ている筈なのに、ぜんっぜん引っかかってなかったというのが良く分かった。笑
(興味がなかったらそんなもんである…

しかしこの方、東郷平八郎に随分と可愛がられた人物のひとりなのではなかろうか。
今回伝記からも引用したのだけれど、東郷は山本がクリスチャンであるからといって嫌な顔をしたことが無かったそうです。
東郷は彼の信仰よりも人柄の方を見ていたのだと思いますが。
しかしながら伝記には、信仰の事などまるで知らないのにキリスト教を攻撃する某将軍、といった表現も同時に出てきていたので、非難は結構あったのだと思います。
伝記から見て感じる程順風でもなかったのかなあ…
何とも言えない…


そして思うのだけれど、秋山真之と宗教の話をしたことがあったのだろうか、この方…
ちょっと興味がある所ではありますなあ。

あとちょっと章の編成を変えましたが、内容は変わっておりません。

そんなこんなですが、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ。
関連記事

山本信次郎

0 Comments

Leave a comment