Para Bellum

ARTICLE PAGE

23 2017

徒然

19日に門戸厄神の厄除大祭に行ってきました。
17時を過ぎていたので空いているかと思いきや結構な人出で少し驚いた…

厄神というからには神社だろうと思いきや、こちらは真言宗のお寺である。
日本三大厄神というのがありまして、すべて関西にあります。
門戸厄神(西宮)、石清水八幡宮(京都)、高野山の天野明神。


門戸厄神


厄神とは厄神明王の事で、別名両頭愛染明王(りょうず・あいぜんみょうおう)といいます。
両頭の愛染明王?という感じですが、愛染明王と不動明王が合体した明王を厄神明王という。
明王て合体するんや…

三筆の嵯峨天皇が厄年のある時、愛染明王と不動明王が一体となってあらゆる魔を打ち払う夢を見たそうで。
真言宗は密教ですが、その密教では世界は金剛界(智慧)と胎蔵界(慈悲・慈愛)に分かれます。
金剛界を代表するのが不動明王で、胎蔵界を代表するのが愛染明王。
両界が一体になった明王らしい。
うむー。そら強かろう…

その話を天皇より聞かされた弘法大師空海が厄神明王像を3体作り、3か所に納めたといい、それが三大厄神の寺社になります。日本三体とも言うそうで。

そして現存しているのが門戸厄神のみ。
秘仏ということで、写真もなく絵画もなく、公開などもされていないそうです。


門戸厄神


境内には大きな木の根っこなどもある。
皆が撫で擦るので表面がつるっつる。
お参りしてぶらぶら帰ってきたのですが、三が日以上に露店が賑わうのですよ。
西宮神社(福男選びの神社です)が十日戎の方が賑わうのと同じで、というか、どちらも寧ろ1月にあるこちらの大祭が本番である。

露店の数が多いと歩いているだけでも楽しいのですが、ケバブとかワカサギの天ぷらとか、変ったお店も増えてきましたね。今年はタラバガニ棒というのを見つけた。
色々あるんやな…^^;
日中なら猿回しも来てるのですよ。中々面白い。

**

先週驚いたのは、水曜日にローカルの時代劇枠で「田原坂」の放送をしていたことだった…
1時間ずつに分けて放送しているらしく、先週は西郷どん沖永良部島に島流しになっとった。
これからこの時間に見なきゃいけないのね(笑)

テレビ繋がりで言うと、アニメの「鬼平」を今のところは見ています。
うーん…なんちゅうか。
キャラデザとかはもういいっす。受け狙いだったんかなー…
あのてっつぁんを見たら脚本や役者にめちゃくちゃこだわった池波正太郎が何と言うかw

そして私は恐らくドラマを見過ぎている(笑)
比べてはいけないのは重々承知しているけれど、奥行きがない…
抑々1時間のドラマを30分のアニメにするのは難しいか。
「本所・桜屋敷」ももう少し陰影と情緒がある話なのだけれどなあ。
まあアニメを見る層に入り口としてならいいのか。
とりあえずはファン層の裾野が広がればいいと思う。

主要人物を出すために暫くは初期の話が続きそうですが(しかし既にお順が出ておる…)、これって第1シーズンなのかな?今後続くのかな?
鬼平では酒井祐助と伊三治が好きです。出てくるかなー
関連記事

0 Comments

Leave a comment