Para Bellum

ARTICLE PAGE

03 2017

新春徒然

正月はよ終われ(心の叫び)(いきなりか)
割と息も絶え絶えです。笑
毎年毎年どうしてこんなにしんどいの…
それは兎に角、改めまして、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨日ですね!MVさんより昔の日テレ大型時代劇の「奇兵隊」の録画を譲っていただいたのですよ!
うわあああ!ありがとうございます!ありがとうございます!
今それを見ながら書いてます(いい笑顔
やっとBDレコーダー買った~
普段そんなにTVを見る方ではないので、なくても支障をきたさないのですが、映画は見たい。
DVDデッキが壊れて2年。
放置しておりましたが、映画のない生活はそろそろ限界でござる。
映画見るんや…

私この「奇兵隊」が幕末を好きになるきっかけで、これを見て伊藤博文を好きになったのよ。
それが今に繋がっている事を思うと、ヒジハラ的エポックメイキングなドラマであった(大袈裟
恐らく20年ぶり(!)位に見ると思うのですが、放送が1989年、28年前ですか。
私も年季が入って来たな。笑
しかし約30年前のドラマ、当時の若い人でも時代劇上手だわ。
そして上様カッコいい。


同じシリーズの時代劇では『田原坂』は持っている。


201713


野村宏伸が岩熊くんである。
写真で載っていないけれど、西郷菊次郎は坂上忍。
坂上忍は「翔ぶが如く」では大山巌、「半次郎」では村田新八を演じていました。
何なんだ。笑

嘗て12月30、31日と2日に分けて6時間程放送していたシリーズですが、この手の歴史劇(内容としてはこのシリーズ、時代劇というより歴史劇の括りやと思う)にしては結構クオリティが高い。
よく纏まっている感じ?
今見ても割と細かい史実も押さえていて、おーいと思う所はあれどよくできているなと思う。
…と同時に今の時代劇のレベルの低さが悲しくなるわー
関連記事

4 Comments

MV  

こんなに喜んでいただけるとは

お送りしたかいがありまする。

「奇兵隊」で主役の高杉晋作は松平健さんがやっておいでですが、私にとって松平健さんはイコール暴れん坊将軍吉宗さまなので、頭の切り替えに少々戸惑いました。
なにしろ、これ↓を生、しかも直近で見ちゃったもので(笑)。
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/Files/1/01050051/attach/P01.pdf

しかし、時代劇の退潮はどーにかならないものでしょうか。
民放の時代劇の連ドラが激減しちゃいましたからねぇ。NHKが最後の砦状態で。
制作側も出演者も、数をこなさないとやっぱり上達は難しいのかな~と思います。
(やっぱ景気が向上しないと、お金のかかる時代劇は作れないんでしょ~か……)

そういえば、新キャストとはいえ「大岡越前」をNHKがあの民放の主題曲そのままにドラマ化した時にはぎょーてんしました。(でも東山紀之君はかっこよくて好き☆)
明日放送の大岡越前スペシャル、加藤剛さんがゲストとゆーことで大変楽しみにしておりまする。

民放も頑張ってほしいですね~。

2017/01/03 (Tue) 11:48 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>MVさん

こちらこそ、年末のお忙しい中お手数をおかけいたしまして…
本当にありがとうございます!

そうなのですよね、どうしても上様の印象が強いので、私も子供心に総髪や短髪姿の松平健さんには違和感を持ちました。笑
しかし市の広報w 確かにこれはw

景気が良くないと、という理由は、本当にそうだと思います。
まず着る物からしてお金がかかるので、不況だと無くなる一方でしょう(大奥なんて大変だと思います^^;)
演じる機会が少なくなっているので、役者を責めるのは気の毒な気がしますが。(NHKも同じ人ばかり使うので益々機会少なさそう…)

最近の時代劇の面白くなさは、現代の考え方や感じ方をそのまま時代劇に投影するからだと感じています。
後、最近のNHKなんて本当にそうだと思いますが、すぐに愛とか平和とか、戦争反対とか、そっち方面に行きますが、それ時代劇・歴史劇でする必要ないよね?何と薄い内容かと本当に残念になります(特に大河…)。
また製作者側が不勉強だと思います。
剣客商売がリメイクされていますが、キャスト云々以前に言葉づかいも酷過ぎて目も当てられない感じになっていました(老中首座の娘が農民に敬語とか)。
あー…そうだな。
書いていて思いましたが、最近の時代劇は「酷くて目も当てられない」というのが個人的には合ってるかも…

「大岡越前」、以前ちらっと見たのですが、あれは驚きですね…
どういう経緯でああなったんでしょう(笑)
ああいう感じだと見易い方もおられるでしょうね。

頑張ってほしいとは思いますが、何といいますか、ねえ…うん…^^;

2017/01/03 (Tue) 13:45 | EDIT | REPLY |   

ジゴロウ  

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
年末やってましたね。
白虎隊、五稜郭、田原坂、奇兵隊と、なぜかDVD持ってるのに通しで観ちゃいました。

白虎隊は1986年で、ちょうど30年前。同じく自分の原点のひとつです。件の坂上氏は隊士のひとりでした。

あの森繁&里見シリーズみたいな時代劇は、衣装やセットはともかく、当時の細かいマナーを教えられる人も減ってるそうで、昔のばかり観てしまいますね。

2017/01/04 (Wed) 02:01 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>ジゴロウさん

あけましておめでとうございます!
こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いいたします。

結局セットであの放送をしてしまうのでしょうか(笑)
いかにも年末年始と言う感じですもんね。
私も年末に放送されているものを見たいですorz
あのシリーズでは奇兵隊が最後の作品ですが、あーよく考えたらバブルの頃の作品ですね!
豪華なはずですね…

坂上忍は常連ですね~(笑)
あの印象が強いので、毒舌で出て来た時は結構驚きでした^^;

>当時の細かいマナーを教えられる人も減ってるそうで

そのようですね。
当時のだけでなく時代劇の文化?も継承が危ぶまれる感じのようで、それを危惧した時代劇チャンネルが独自で鬼平外伝シリーズを作っていましたが、もうそれも終了のようですし。
個人的には時代劇はもう藤田まことの剣客商売と吉衛門の鬼平犯科帳でいいかなあと言う感じに…
御家人斬九郎や八丁堀捕物話なども本放送時は全て見るほど好きでした。
今の話は当時の社会の根幹である身分制の扱いを蔑ろにする上、愛とか平和等が殆どになってしまい、その裏にある現代とは違うシビアさの描写がないですね。
時代劇の衰退は本当に寂しいですなあ

2017/01/04 (Wed) 05:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment