Para Bellum

ARTICLE PAGE

20 2016

東北旅程、振り返り12(米沢)・終

米沢市街地


高国寺は近藤勇の首塚にお参りしただけなので、時間にしては本当に僅か。
そこから宮坂考古館に向かいます。
ここが駅から一番近い博物館施設。外観の写真は撮り忘れた。


宮坂考古館@米沢


前田慶次の甲冑を所蔵していることで有名。
施設自体は小さかったのですが、私が訪れた時は「山形県指定文化財の甲冑と屏風展」ということで所狭しと甲冑が展示されておりました!
やったー!
10領ほど展示してあったように記憶していますが、その内6領が、
慶ちゃん、直江兼続、上杉景勝、上杉謙信、上杉憲政(関東管領、長尾景虎=謙信を養子にした)、大国実頼(兼続実弟)。
おお…このラインナップ。神か…
個人的には上杉謙信の腹巻(素懸白綾威黒皺韋板物腹巻)が大興奮でした。


宮坂考古館@米沢


左上のやつね。
上杉憲政より拝領したと伝えられ、天正5(1577)年七尾城攻略の際に着用したと伝えられるとありました。
どうしても謙信は法衣の印象が強いからなあ…不識庵様…

そして右から2番目の直江兼続の具足が良かったな~
紺糸威は見る機会があるけれど、浅葱威を見たのは初めて。
綺麗で驚いた。
慶次の当世具足(写真の右端)は何だか飄げた感じで面白かった。
なんやコレ(笑)(初見の感想
小説と漫画から大男のイメージがあるのだけれど、思っていたより普通だった。

慶次関連では”伝”でしたが、所要の編笠(これまたけったいな感じの…)と木彫瓢箪型の徳利が出ていました。
徳利には字が刻まれていて、
「戦雲如墨疾雷雨祝出陣神酒一盃 利貞」
展示方向の関係で見られなかったのだけれど、名前の後にへのへのもへじが刻まれているらしい。
へのへのもへじって。笑

そして1時間程見学してこちらも退散。

で。これで今回の旅行は終了!
米沢から山形まで在来線で戻って、その日の山形→大阪の夜行バスに乗って帰ってきました。
実は山形市にある最上義光歴史館にも行きたかったのだけれど、こちらも閉館が4時半なのです。
今回訪れた博物館施設は殆どが4時半閉館だった。
東北ではデフォルトなのか…^^;

しかし大変楽しい旅行でした!
今回は地震にも大雨にも遭わなかったし。


moblog_1d16af13.jpg 


中尊寺で泰衡が蓮(別名:中尊寺蓮)を見られたのが嬉しかったなあ…
時間も時間だったし、もう少し時期が外れているかとあまり期待していなかったから余計に。

平泉最後の御館・藤原泰衡の首級は中尊寺金色堂の父親(藤原秀衡)の棺の中に納められていました。
近親者の手によると考えられています。

調査が入るまではずっと泰衡の弟忠衡だと思われていた。
中尊寺の寺伝でもそうなっていたのですが、ミイラ化した首級の眉間には八寸釘を打たれた跡があったのですね。
『吾妻鏡』には泰衡は斬首後、首が八寸釘で柱に打ち付けられたという記述があり、それと符合するという点から、忠衡ではなく泰衡だと。


藤原泰衡の首桶
(泰衡の首桶。中尊寺讃衡蔵で常設展示されている)


その首桶からは蓮の種が出てきていまして、それを年月懸けて開花させたのが泰衡が蓮。
800年前、奥州平泉の人たちが見ていた蓮が18年前、1998年に再び咲いた。
平泉には何度も行っているのに、時期が合わなくて一度も見たことがなかったの。
嬉しかったなあ…

御館は普通に読めば「おやかた」だと思うのですが、平泉では「みたち」。
上杉景勝と景虎の家督争いの時は「おたて」の乱(御館の乱)ですね。
ややこしい…ややこしいわ…
自分的には馴染みのない時代なだけに「おたてのらん」が何時も分からなくなる。

***

~ご飯纏め~

★1日目
 朝:糒(グラノーラ)
 昼:小岩井コーヒー牛乳、弁慶餅
 夜:五郎がびっくり焼2個
★2日目
 朝:ヨーグルト+糒
 昼:五郎がびっくり焼き2個(確定)
 夜:パフェ
★最終日
 朝:ヨーグルト+糒
 昼:牛重
 夜:スタバでコーヒー

そうね。
大体いつもの旅行の食事内容ね、これ…
ただ今回は帰ってきたその日に堂島まで肉食いに行く(言葉ー)という反動が。笑
米沢牛の怨みは深い。
(※朝7時頃大阪着、8時前帰宅、10時半頃堂島。アホである)


キャトルラパン


200g800円(上写真)、300g1050円、400g1300円という、北新地とは思えない圧倒的コスパ!
予約の取れないフレンチ。
流石にご飯は半分くらいにしてもらった…
そして親友の誕生日プレゼント用に南部鉄瓶を買って帰ったのでした。
産地まで行ったのに大阪で購入。これなんという…(だって重いし


まあ何と言いますか。
このネット万能時代になんですが、旅先ではアナログ最強派です、私。笑
旅行前に行きたい施設(開館時間)、周辺の史跡、交通機関(時間)全部調べて、大体の1日シュミレーションを2パターン程考えます。
良さげな方を紙に落として持って行く。
そんなのスマホやタブレットがあるのだし、その場その場で調べたらいいやんとお思いでしょうが、それでは間に合わないことが殆ど。時間が無駄になることが多々。

多分私が交通機関を使って、比較的不便な所に行くことが多いからというのがありそうだけど。
その上ひとりで行くから、誰も頼れないし。助けてもらえないし。
行きたい所に行けなくなる、見たかった所で時間が足りないというのは、旅行先で一番避けたい事。
そのリスクを潰すために、前準備で段取り八分までもっていく。

電車を降りたら先ず時刻表を確認(写真撮る)、次の行先までの切符を買っておく。
バスを降りたら先ずバス停の位置を確認、時刻表を確認(写真)する、というのがもう癖になっている。笑。(ネットで公開されている時間と異なることが結構ある)

こうしておくとギリギリで駆け込んでも、そんなに焦らない。
特に新幹線を使う時は購入窓口に先客がいることが多いので、これは要注意。
コインロッカーを使う時は、改札口のすぐ傍というのも結構気を付けてるぞ!

お察しの通り、いつも大体ギリギリなのですよ。
電車が出る3分前に電車に駆け込むとかザラですよ。
だからご飯があんなのになるんです。糒がいるんです。
人は誘えません。(声を大にして)

首都圏とか、福岡熊本とか、ああいう所に行く時はもっと楽なんだけどなあ…
行く場所によってかなり前準備の気合には濃淡が出ますね。

今回の旅行は大体こんな感じ。
振り返りもこれでおしまい。

欲望のままかなり滅茶苦茶な旅をしているというのがばれちまいました。
わはは。
関連記事

0 Comments

Leave a comment