Para Bellum

ARTICLE PAGE

07 2016

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館も行くのは非常に久しぶり。
実は15年前まではこの…


IMG_2496_Rr.jpg 


第4師団司令部が大阪歴史博物館でした!
くっそー何でその時代に行ったことないんだ私!
知ってたら行ってたわ! orz

引っ越し後の博物館はNHK大阪に隣接している結構大きな建物。
そして館内写真OKなのであーる!(一部三脚・フラッシュ禁止)


IMG_2484_R.jpg


10階、難波宮の高御座(たかみくら/玉座のこと)の周りの様子。
難波宮の大極殿が実物大で復元されている。


大坂城・難波宮 


復元されている階から見下ろす難波宮跡。
阪神高速の向こうに見えているのが大極殿跡。基壇が復元されています。


大阪歴史博物館


こういう解説?は分かり易くてありがたい。
高速道路の手前が内裏、つまり天皇のプライベート空間。
向こう側が大極殿や朝堂院といった政治の場(オフィシャル)だったのですね。


IMG_2486_R.jpg


そして高御座は絵であった…笑
飛鳥板蓋宮(あすか いたぶきのみや)で起こった乙巳の変(蘇我入鹿暗殺)の後、大化の改新はこちら難波宮(難波長柄豊碕宮/なにわ ながら とよさきのみや)で行われております。


IMG_2483_R.jpg


当時の衣装を着させてくれるコーナーもあるのですが、あれは土日だけだったか?


IMG_2484_R.jpg


そして中・近世コーナー。


大阪歴史博物館 


これは江戸時代の大坂のリバーサイドの賑わいを表す立体展示。
文楽人形が展示案内をしてくれるんですが、アテレコしているのが片岡愛之助やった。笑う。
ここ大分古いよね…
私最後にここに来たの10年ぐらい前だと思うのだけど、全然変わってないし(笑)
というか多分出来た時からとちゃう?

で、目的の「間重富関係史料」は速報展示だったので、数は少なかろうと思っていたのだけれど、9点。
740点あるんだから、も、もう少しサービスして…

資料は本当に断片過ぎて何とも言えない(知識不足…
しかし驚いたのは「ラランデ暦書管見」が出ていたこと。
ぎゃー!びっくりやわ!
高橋至時が翻訳に没頭しすぎて病気になり亡くなったラランデが目の前に。
高橋至時没後は息子の景保と間重富に受け継がれていくという…
これだけでも行って良かった。(8月29日まで展示)

あと面白かったのはやっぱり大塩平八郎だったよ!(子供か
江戸時代で大坂でとなると必ず出てきますね。
その大塩ですが、近藤重蔵と知り合いやった。
そうなんだ。

近藤重蔵、江戸で書物奉行をつとめていたが左遷され大坂の弓奉行に。
展示資料とキャプションを見て驚いたのですが、


近藤にとっては閑職に追いやられたも同然で、「お預かりの弓矢を毎年三度見聞する他には勤めというべきものはない」と愚痴をこぼしたりしている。
このようななか、近藤が接触したのが、当時学者として名を上げつつあった大塩である。
近藤は二回り近く年少の大塩に自分の息子につける鑓の先生を紹介してもらうなど、何かとたよりにした。
大塩の方は亡き父と同世代の近藤を「物堅い人物」(律儀)と評し、近藤の慣れない大坂暮らしを支えた。


そうか。同時代人か(この時代に関してよく持つ感想)
関連記事

0 Comments

Leave a comment