Para Bellum

ARTICLE PAGE

10 2016

サイト更新 広瀬武夫人物関連数珠繋ぎ11

■サイト更新 広瀬武夫【数珠を繋ぐ11】

第11回!
内田良平(柔道)→末永節(扶桑)→国木田独歩→押川春浪→
川上俊彦・常盤(汁粉)→生方敏郎→広瀬中佐銅像→辰野隆→
上泉徳弥→財部彪→田中義一→江頭安太郎・安保清種→三宅雪嶺→広瀬武夫
           ↑今ここ

田村怡与造死去に関する財部彪衝撃の感想「死んでくれてよかった」(※マジ)から2週間。
今回は田中義一から江頭安太郎へということで。
主に田中義一、上泉徳弥、江頭安太郎が出てくるよ!
海兵12期の話が多いぞ(そうでもない気が…)。
江頭の話は今まで何度か触れてきましたが、私あの話が大好きなんです…
個人的には15期の次に好きなのが12期。

そして写真だけ出ている町田経宇は後陸軍大将になった人物。
広瀬武夫の同期、海兵15期の町田駒次郎と親戚らしいのよ。どういう繋がりかは分からんのだけれど。
さらに言うと広瀬、町田駒次郎の父とも仲が良く、そういうこともあってだろう、町田家から縁談を持ちこまれ…
る寸前か、大分前か、兎に角持ち込まれそうになったらしい。笑
相手は具体的には分からないのですが、町田家”若夫人”の妹。
町田駒次郎の義妹かな?
そしてこれが本当に縁談だったらぶち壊してと嫂に頼む広瀬武夫さんであった…

宜しければ覗いてみてください^^

そして2・3日前から東京駅の史跡紹介ページのアクセスがすごいのですが。
テレビで紹介されたのかな?
原敬の暗殺現場とか、浜口雄幸が狙撃された場所とか。
チキンなので急にアクセス数が上がるとびくびくする(笑)

昨日仕事帰りに神戸の大古本市に行ってきました。
特に目的があるわけでもなく気が向いて寄ってみたという程度。
で、




みーつーけーたー!

手元に欲しくてあちこち探してたんだよ。ネットでは見つからなかったので諦めていた。
諦めていたから、忘れてたんだよ(笑)
全然ジャンルが違う美術関係の図録の間にあったのですが、こういう時ってぺかーっとそこだけ光って見えるもんですね、不思議と。笑
ふっと視線投げたらそこだけ目に入ったという。思わず二度見。
しかも安かったの。2000円!わーい。
滅茶苦茶しんどくて帰りとか電車で吐き戻しそうだったんだけど(…)、行って良かった。
関連記事

広瀬武夫

2 Comments

ジゴロウ  

本の神様(他に、図書館の天使、図書室の神など)来ると、本当に、嬉しいですよね。

そこだけ光るとか、すごいわかります。同じ様な色のカバーの本でも、目的のだけ、違って見えたりしますし。

それはそうと、お身体には、本当~に気をつけてくださいませ。

ぎっくり腰(完治20日)&軽い風邪で、3月を、ほとんど療養に費やしたため、他人事ではないのです。

2016/04/11 (Mon) 02:08 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>ジゴロウさん

本当に偶にこういうことありますね。
広瀬武夫関係ではあっ!と思うことが昔は結構ありました。
最近はネットなんかで古書を見られるようになったので機会が減りましたが(笑)
でも探していたものや掘り出し物を見つけた時の喜びって格別ですよね!

ジゴロウさんも御自愛下さいませ。
ぎっくり腰辛そう…

2016/04/11 (Mon) 07:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment