Para Bellum

ARTICLE PAGE

17 2016

サイト更新(大和ミュージアム、戦艦大和ロケセット)

■サイト更新【近代史跡 呉(4)】

今回は私がレポする意味全くなさげな大和ミュージアム、てつのくじら館。
そしてもうひと昔前になってしまった戦艦大和の実物大ロケセットの写真。

呉での最後の訪問地はてつのくじらでしたが、本当にギリギリだったので足早に歩いただけです。
電車の時間が切迫していたので旅行鞄とお土産(ビニール袋…)を下げたまま(笑)
潜水艦の中もっとしっかり見たかった…

大和ミュージアムもできた当時に1度行ったきりでしたが、その頃とあまり変わっていなかったような印象を受けました。
サイトでは触れていませんが特別展「日米最後の戦艦展〜戦艦大和とミズーリ〜」が開催されていたので、ついでにそれも見学。
まあこれも歩いただけ^^;
加藤友三郎、鈴木貫太郎等の遺品が出ていて、個人的にはそれが目を引いた程度かな。
今しがた公式HPを見たら会期延長で今年のGWまで開催されているそうです。

そして戦艦大和の実物大ロケセットですが!
本当にもういつのだよという感じですね。そうですね。
ここしか入れる場所ないわ。笑
『男たちの大和』が映画化された際に尾道に作られた戦艦大和の実寸大ロケセットです。


戦艦大和


実寸大とは言うものの、再現部分は全長236mの内190m。
全部ではない。
艦橋の上部部分はなかったし、第1主砲も再現されていなかったけれど、それでも凄かった。
そして私が訪れたのがGWだったのでお客さんの数も凄かった…
島に渡るための船に乗る時点から相当並んだのですが、行けてよかったです。
この規模で体感する機会って本当にないとおもうので。

…と、こんな感じで今回は写真が中心。
よろしければ遊びに来てください。


***


先日斎藤隆夫をご存知の方とお話をする機会に恵まれました。
御存じどころか家族ぐるみでお付き合いされている方だった。
自分の身近にそういう方がおられることにびっくりしたわ…
懇親会で席が隣になったので(内心バンザイ三唱だった)、斎藤隆夫の話を振ったら「知ってるの?」と大変驚かれてしまった。

うーん。確かにそうかも^^;
近代史的には大変有名だし、教科書にも載るような人物だけれど、みんなが知っているとは言い難い。
「統帥権の勉強をしていたので」ということを話すとえらく感心されてしまった。

2・26事件後の粛軍演説で有名です。





秋霜烈日の厳しさを持つ政治家ですが、一個人としては非常な好々爺であったそう。
これが、あの?と思うほどに。

小学生の時に修身で広瀬中佐の話も(佐久間艇長の話も)習ったよ~とおっしゃってました。
学校には配属将校っていうのがいてねえ…と話が続いたのですが、
途中で違う方が話しかけてこられたのでそれで終わってしまった…

またゆっくりお話しする機会もあるかな?
とっても有意義な時間でしたわ~
関連記事

0 Comments

Leave a comment