Para Bellum

ARTICLE PAGE

12 2015

東郷井@神戸花隈

先日触れた神戸花隈の東郷井に行ってきました。
名の通り東郷平八郎所縁の史跡。

軍艦で大和と言うと先の戦争が浮かぶ方が大半だと思いますが、こちらは2代目。
初代艦は明治の初め、神戸の小野浜造船所で建造、勝海舟や坂本龍馬で有名な海軍操練所と海軍塾があった辺りから程近い所です。
小野浜造船所、明治の中盤に呉海軍工廠に吸収されているのでそんなに一般的ではないかも。

東郷平八郎は大和の造船監督官として神戸に派遣されていたのですね。
その際生活していたのが花隈の神港倶楽部で、滞在期間はおよそ1年。
そこで使っていた井戸を記念して建てられた石碑が「東郷井」。


神港倶楽部は戦災で焼失したのですが、その跡地が川崎重工健保会館となっていた。
ただこちらが売却となり石碑もどうなるかという感じであったのですが、どうにか残していきたいという地元の要望で花隈城に移転となっています。
今年の5月10日だったので、本当につい最近のこと。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0769.jpg


場所は山の上から山の下に移っただけ、元の位置からも大して遠くないという史跡巡り愛好者(笑)としては大変ありがたい感じになっています。笑
しかも駅前。

表が東郷井。
文字は財部彪です。わーい。左下に「彪書(花押)」とあります。
裏面には碑文が刻んである。
移転前は近づくのが難しい上植込みで判別不明でしたが、すんごく分かりやすくなった。

東郷井は既にサイトの史跡案内で紹介済みですが、改訂して近い内にアップします。
この史跡、古くて小さい写真しかなかったんだよなあ…
大きいのがあったような気がするのだけれど見つからなかった。気のせいだったか^^;
雰囲気は以前の方が良かったので、それはちょっと残念かな。





昨日は久しぶりに神戸に行きました。
元町高架下とかホントひっさびさ。
東郷井は阪急花隈駅が最寄りですが、JR元町からも歩いて10分くらいです。
モトコー、どんどん進むと軍装品店があったんですよね。今もあるのかな。
海軍大将の礼服とかあって驚いたことがあるわー
書簡とかあります?と聞いたら、「あれば買う」と言われる。笑
違う違うそうじゃ、そうじゃな~い~
私が欲しいんだよ!(笑)
あまり扱ってないみたいでした。

昔は京都の古本市でも明治の元老元勲とか勝海舟とか有名人の掛け軸とかよく出てたんですよ。
壁にかけてあって、まあ観賞用だなあ(笑)
出す方もそうだったのだと思う。
最近はそういうの全く出なくなって遊びに行く楽しみが半減ですわー

関西では近代政治家なり軍人なりの遺物に触れられる機会や場所は少ないんですよ。
近代政治史はやっぱり東京だよなあ… 
関連記事

東郷平八郎 財部彪

0 Comments

Leave a comment