Para Bellum

ARTICLE PAGE

19 2015

藩邸跡

京都に薩摩藩邸跡が何ヶ所かあります。
1か所は同志社大学の正門、もう1ヶ所は錦小路通り。
錦小路の方は「薩摩藩邸跡」ではなくて、「薩摩屋敷之址」という石碑ですが、こちらは錦小路藩邸跡になります。

薩摩藩邸は伏見の方にもあったのですが、石碑あるのかと思ってググったら新しく設置されたようですね~
伏見藩邸の側には坂本龍馬で有名な寺田屋が傍にあるのですが、そもそも寺田屋は薩摩藩の指定船宿でした。
坂本が寺田屋を使うようになったのはその伝手があったからのようです。


同大の方は二本松藩邸の跡で、京都御所近くにあったもの。
薩長同盟が結ばれた場所でもあります。

ここの石碑ね、設置の場所決めたの実は私の先生です。
正確には私の先生の先生なのだけど、私も授業で地獄を見た大変苦しんだので私の先生でいいだろう。
結構お世話になった。
私の下宿が先生のお住まいと近かったようでよく遭遇したし。笑

そして忘れもしないシャルル・ダレの『朝鮮事情』の持ち回り発表…orz
発表する方も発表準備で前日徹夜、聞く方も絶対に質問しないといけないのでプレッシャー半端ない。
そして先生、何言ってるのか難しくて分からない。
「先生、先生の先生、何言ってるか分からないんですけど(泣)」
「大丈夫、僕の時もそうだったから」
orz

その先生曰く「あーあそこね、場所を調べてテキトーにこの辺りで良いだろうって僕が決めた」。
その話聞いた時そんなんでええんかと思った。笑



「≫続き」に拍手レスがあります 
>山科在住さん

こんにちわ。藩邸と大久保邸、ちょっと離れてますよね。より御所に近い所に大久保邸という辺りが…
もし訪問の予定があるのでしたら、錦小路藩邸の方は駐車で隠れていることが多く、分かり難いです。
大久保寓居跡も凄く風景に馴染んでいて、割と見逃しやすい場所に^^;
お役に立てましたようで何よりです。コメントありがとうございました。
関連記事

0 Comments

Leave a comment