Para Bellum

ARTICLE PAGE

26 2015

近代ニュース

  • CATEGORYALL
  • COMMENT0
近代ニュース幾らか


昨日のNHK、見ましたが、流れ的にこうかなと思って前日に書いたそのまんまが大体出てて笑った。
可もなく不可もなしというか、まあそんなもんじゃろうという感じの内容でした。
テープ聞けてよかった。(それだけか)

で、その鈴木貫太郎ですが、故郷(というのには少々微妙)野田で現在顕彰作業が行われているようです。
今年が敗戦70年であるのも併せて、8月に記念館で特別展を開催するとのこと。
また市が冊子「貫太郎翁の思い出」(仮)を発行するとのことで、鈴木のお孫さんの寄稿も予定されている。
欲しい。

また、半藤一利の『日本の一番長い日』が映画化、今年8月8日に公開されるそうです。知らなんだ。
この本は読んだことないのですが、主人公誰なん?
映画の公式サイトを見てみたら、阿南惟幾みたいなのだけど。

阿南惟幾 … 役所広司
昭和天皇 … 本木雅弘
鈴木貫太郎 … 山崎努
迫水久恒 … 堤真一
畑中健二 … 松坂桃李

もっくん秋山から昭和天皇かー。
迫水は岡田啓介の娘婿です。2・26事件の際は岡田内閣の秘書官でした。
あと鈴木貫太郎内閣の内閣書記官長。『重臣たちの昭和史』に大変よく名前が出てきます。
畑中少佐は宮城事件の首謀者ですな。

阿南の遺書、昨日出てましたね。
靖国神社遊就館が所蔵していると思いますが、コピー(複製じゃなくてコピー。白黒)は何度か見た。
何というか、なんとも感想を言い難い…あれは…
ちなみに阿南は広瀬武夫の兄(勝比古)の娘婿(広瀬末人)の兄の妻の弟です。(もう一回言って)


あと高知で田中光顕の書簡が発見されたそうです。

田中光顕らの手紙発見(読売新聞 2015/2/23
(別窓)

発見自体は3年ほど前で、青山文庫に持ち込まれたものの、数が多くて史料手付かず^^;
それがこの度調査することになりましたという話。
数百点あるそうです。

田中光顕は土佐藩士、天誅組の那須信吾の甥になります。
高杉晋作に可愛がられ、中岡慎太郎や坂本龍馬に可愛がられ、中岡の陸援隊に入っている。
この陸援隊には山縣小太郎という岡藩(大分)出身の武士がおり、この方が広瀬武夫の恩師になります。
青山文庫は田中が作ったもので、顕彰の為に田中が集めた志士らの遺墨なんかを収めている。


あーもう眠いー
すいませんもう寝ます。起きてられないorz 
関連記事

0 Comments

Leave a comment