Para Bellum

ARTICLE PAGE

08 2014

サイト更新 大正6年海軍小演習

■サイト更新 FRWL(広瀬武夫コーナー)×1件

【 Here I am(5) 】

今回は大正6年の海軍小演習際の集合写真になります。
今回の更新分は他の写真と違ってブログで「その後」的な話を2回続けました。
更にその続きと言う感じのページですが、お察しの通りそこからはあまり進んでいません。
ただ最後の最後に別件で自PCで見つけてしまったPDFのおかげで、新しく分かった人も、間違っていた人もいまして。
これは本当に、我ながらものすごいいいタイミングで気が付いた。笑
あとは幾らか書き加えています。

更に別件で写真を見ていたら、広瀬武夫と同じ写真に写っている人がいた。笑
先日上村彦之丞の件で、朝日回航委員が来露した話を書きました。
その際、来露一行と在露公使館附武官、駐在員らで写真を撮っているんですよ。
その中に船橋善弥がいた。さすがに驚いた。
全然気が付いてなかったです。広瀬の書簡にも名前が出てました。
広瀬の写真コーナーにも名前が出ているのですが、船橋義弥になっていた。誤字です。すいません。
写真コーナー、リニューアルすべく大幅にいじっていて、今この間違いを訂正できない。
そんな事もあって申し訳ない、しばらく放置です。

シリーズ名が Here I am と言うことで、これまたけったいなと思われるかもしれませんが。
昔の集合写真を見た子供や孫に「お父さん(おじいちゃん)どこに写ってるの?」って聞かれたら、指をさして「ここ、ここにいるよ」って言うと思うのよ。
それ、そんな感じ。
大変分かり難い題ですが、自分では気に入ってます^^

またこのシリーズ一連の調査(大袈裟。笑)を通して15期の名前を結構覚えました。
「かなり」とはよう言わんけど、これはマジで。笑
特に日露戦争出征直前の集合写真、これは影響が大きかったです。

We are!という海軍兵学校15期の話に出ている人物誌、広瀬の交流中15期名簿の備考、実は集合写真と並行作業でしていました。
まあ全部リンクしてるからね…
名前は知っていても顔なんか見たことがない人が大半ですので、あーこの人が!という胸熱感が。笑
万世橋に広瀬の銅像を作るのに尽力してくれた真田鶴松は、特にその感が強かった。
名前と顔がリンクするというのは、かなり印象に残る。

同期だけで80人、その中で苗字だけを聞いて分かるような有名人は限られてきますので、広瀬の書簡に出ていてもスルーしてしまうことが多いんです。
ぶっちゃけ何の印象もないからね。正直同期と言う事さえ分からない。
ただ15期に付いては自分がこういう状態になってきていて、更に他の期の海軍士官についても最後に広瀬武夫全集を通読した時よりは知識が増えてきていると思う。
海軍士官に付いてだけではなくて、あれこれ他にも再発見することがありそうなので、ぼちぼち読み返していこうと考えています。
本当、いい機会になったわ…


このシリーズ、本当は10月10日から10周年記念と言うことで連載して、この連載終了で記念連載も打ち止めにする予定でした。
いつもサイトにアップするページは作ってから暫く寝かして、適度に内容を忘れた頃に更新してます。
一旦離れてから見直す方が私には合ってる^^;
今回もあまり急がない方がいいかな~と思い、秋山真之関係から更新を掛けたのですが、大正解でした…
私のような粗忽者はやっぱり落ち着いて見直しをすべきですわー
あーでもなこーでもない、で、今日の更新部分は結局更新の直前まで触ってたし^^;
それに見直しの段階で写真にフィルターを掛けた方が分かりやすいな、とか。そういうことにも思い至る訳で。
このシリーズは構成上かなりくどい作りになってしまっている自覚はありますが、ブログで連載していた時よりは見やすくなったかなと思います。
そ、そうだったらいいな!^^;

そういうこともあり、また今日の更新分については上記の通り、ブログで書いていた際の肖像比定に間違いがありました。
その時はそうだと思ったけど、結果的には違ってた。
ブログの途中経過のページだけを見てそうだと思われたら写っている人に大変失礼なので、サイト完全移行ということで記事内容は削除しています。(シリーズ全部)
あしからず。

そんなこんなですが遊びに来て頂けたら幸いです。


で、10周年記念の集中更新もこれにて終了!
これからもどうぞ宜しくお願い致します^^ 
関連記事

広瀬武夫

2 Comments

object  

お疲れさまです

困難な人物判別の作業、本当にお疲れさまですm(_ _)m

侍従武官・皇族附武官の飾緒は銀色、また、軍令部長も参謀の大親玉なので参謀飾緒をつけるんですよね。それも白黒写真だと見にくいし、
あと、この時代の一種は襟章をつけないので袖章が見えなかったら階級が分からないというのはものすごいペナルティだな〜とガクブルしましたw

海兵のクラスの全員の写真を集めるというのは、夭折された方もいるでしょうし、かなり難易度は高い事だと思いますが、これからも頑張って下さい。

2014/11/08 (Sat) 22:50 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>objectさん

ありがとうございます^^
無理だろうとは思っていましたが、全員はやっぱり無理でした。
半分分かった時点で自分では万々歳で、とりあえず一区切りついたかなと思っています。
階級は大きなアイデンティティ識別情報ですよね。特に将官は。
見えないときついですが、袖章も時代によって変わっている部分がありますし、ある程度の知識がないとこれは辛いなあと作業しながら思いました。
まだまだ勉強不足です…^^;

2014/11/09 (Sun) 07:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment