Para Bellum

ARTICLE PAGE

28 2014

正気の沙汰

吉田松陰の妹が主人公の大河ドラマのキャストが続々発表されとります。

→ NHK大河ドラマ 公式

先週のキャスト発表で制作がセクシー大河とか言ってるけど、大河ドラマ見てる層はイケメン大河もセクシー大河もそんなに求めているような気はしないんだが…
というか、新しく発表されたキャストの細かさを見て、なんとなーくスイーツ大河になりそうな予感が紛々と…orz

個人的には赤禰武人の名前が出ていてびっくりでした。
赤禰君出すってことは功山寺決起の際の高杉晋作の土百姓発言も出すってことですよね。
ヒストリアで都合が悪かったのか丸無視し、やんちゃの一言で片付けた土百姓発言を。

というか、松下村塾扱うって辺りで吉田松陰聖者扱いですよね。
松陰先生マンセーになりそうだな、とは思ってる。

吉田松陰、別に嫌いという訳ではないのですが、極端すぎてね、怖いねん。この人。
実はちょっと苦手。
萩に行くと吉田松陰の直筆を見る機会が非常に多いのですが、字からして「キツい人だったんだろうな」という印象を受ける。
人柄云々は措いといて。

その極端さが司馬遼太郎の言葉で言うと「純粋」になる訳ですが、純粋なら何しても許されるわけ?っていう。
日本の為なら幕府の要人を殺しても許されるっていう思想にはついて行けない。
天皇を奪うために御所に火をつけろとか(池田屋騒動の発端、そして池田屋事件が蛤御門の変に繋がり、都がどんどん焼けで焼け野原に)、君側の奸を殺せば日本はよくなる的な2・26事件と同じ考え方だと思う訳ですよー。
ちょっと正気の沙汰じゃない。
要するに、好きな所もあるんだけど極端に走る考え方には着いて行けないのだ…

更に松陰は老中暗殺に反対した久坂玄瑞や高杉晋作に対して
「僕は忠義を為すつもり、諸君は功業を為すつもり」
とかいう罵声を浴びせている。
それは忠義なのか。(そもそも…)
家族を支える必要があり松陰と疎遠になって仕事に打ち込む吉田稔麿を罵倒した挙句、「お前の心は死んでいる」とか、それが自分の門下生に言うことかと思う。
動機が純粋なら許されるんですか…

まあ何と言いますか。
ちょっとね、坂本龍馬と同じく過大評価フィルターがかかり過ぎてる気がするんですよ、吉田松陰。
ドラマで更に美化されそうだなー



「うたと戦争」という番組を見ました。関西テレビなのでローカル番組になるの?(関テレ うたと戦争
戦時中の軍歌の話。
戦時中に多くの軍歌が生まれたのは、プロパガンダ(※海軍の平出英夫の言葉に「音楽は軍需品なり」)に加え新聞の発行部数競争があったから、という話がありまして。
軍歌を出せば出すほど売れるので、粗製乱造になっていったと言っていた。
そうなんだ。
番組中で思わず吹いた軍歌が

「爆弾くらいは手で受けよ」(※題)

思わず吹いたのだけど、凄いよね。
何を言っているのか意味が分からない。
戦争が始まったばかりの頃の軍歌だそうですが、これ軍が許可してるのでしょう?
正気の沙汰じゃないよね。ちょっと頭おかs(自重
というか夜中の1時2時じゃなくて、もう少し早い時間に放送して欲しい…orz
内容的に早い時間は難しいのか^^;


軍歌と言えば、1・2か月前本屋で「日本の軍歌」という本?を見つけました。
本というか、歴史系の雑誌コーナーにあったのを見つけた。CD2枚が付いていて1500円くらい。
明治から昭和の代表的な軍歌が収録されていたのだけれど、その中に「広瀬中佐」もありました。
文部省の”轟く砲音”かと思いきや、”一言一行潔く”の方だった。
軍歌CDでこの曲を収録しているものは珍しい…というか、ないんじゃないかなー。
気になる方は本屋さんで探してみてくだされ。
私は歌えるからいいです(え) 
関連記事

2 Comments

ジゴロウ  

吉田松陰…いい面悪い面がありますけど、極端によい人扱い…確かに龍馬ぽいですね。
なんか幕末には、偏りさんが多い…

見ましたよ、軍歌の本。結構いい歌あるのに、軍歌というだけで偏見の目で見られるのが悲しいですね。

2014/09/28 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>ジゴロウさん

多分冷静に見つめたら「は?」と思うこと、多いはずなんです。
常識的に考えてそれはどうなの、っていう。
幕末はあれやこれやから人物の補正フィルターがかかりまくっている気がします。
補正というか、司馬遼太郎の小説フィルターというか。

私は明治期の軍歌しか知りませんが、イデオロギーの絡まない、純粋に物語であったりする、結構いいものもあると感じています。
番組は戦時中の軍歌ということで余計にプロパガンダ的、また番組の作りもイコールでプロパガンダな感じでしたが、それだけでもないだろうよ、と思います。

2014/09/29 (Mon) 05:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment