Para Bellum

ARTICLE PAGE

03 2014

名士

初めに訂正…

先日広瀬武夫の書簡に1か所だけ海軍の隠語が使われてるよ!
と書いたけど、もう2か所あるよ!とご指摘いただきました…orz
確 認 し ろ よ (自分で言う…)
ロシアから帰る時に「m(モテる)とf(振る)を実験する機会だと考えてる(笑)」って嫂に言ってたわー。
アリアズナちゃんからの書簡の広瀬訳に書かれている言葉(武夫ノNヲ御一覧)がインパクト大で全然気が回ってなかった…
でももしかしたらまだスルーしている海軍隠語があるかも^^;
…スルーって4・5回は通して読んでるんだけど…(節穴…)


***


以前上泉徳弥の伝記を読む機会がありました。
読むといっても他にも見たい伝記が複数あったので、見たい時代をピックアップしていくだけだったんだけど。
どういう時代に何をしていたかという話より同僚下僚の回想が面白くて、そればかり見てた…(あーあ)


上泉徳弥


上泉は私は名士だと思うんですわー。
海軍的な意味で。
色々と武勇伝がありますが軍艦の艦橋で葉巻に火をつけた伊藤博文(当時首相)を叱り飛ばしたり、傍若無人な薩摩出身の海軍さん(海軍大臣の息子)に腹を立て頭上に放尿したり。
日露戦争前は海相や軍令部長といったトップが考えている事が分からないので、開戦開戦と騒いで煙たがられたり。

結構エキセントリックで、ボタンを掛け違えるとかなりめんどくさい人だったと思うのだけれど、なぜか憎めない^^;
育ての親ともいえる義兄が故郷米沢で聖人と言われるような篤行の人物だったそうですが、なにがどうしてこうなったのか不思議な所ではある。



海軍兵学校12期です。
12期といえば今まであれこれと触れてきましたが、江頭安太郎、山屋他人、有馬良橘、林三子雄らがいたクラス。
私が15期の次に好きなクラスだ!(どうでもいい)

山屋他人が海兵入学前から上泉を知っていまして、当時の回顧をしています。(『謙譲の人 海軍大将山屋他人の足跡』 枝栄会/2005/非売品)
ふたりとも攻玉社に入っていた。
山屋曰く、


上泉君で思い出されることは「三ツ児の魂百まで」というが、同君は少年時代から頗る異彩を放っていた。


1)
上泉自室でランプを引っ繰り返し机一面油だらけ → 油気を抜くため火をつけて燃やす 
 → 近藤真琴(攻玉社社長)に見つかる → 停学 → 停学中、できたばかりの土手を図らずも滅茶苦茶に
 → 近藤仕返しかと思い激怒 → 退校処分の詮議 → 保証人のおかげで助かる

2)
大きな松竹梅の絵の入った白傘(※ダサい)を平気で使う
 → 破れたので、90センチの鍔広の麦わら帽子に絵を縫い付けて被る
 → 珍帽子(山屋の言)も破れ廃棄止む無し
 → 下宿先(千坂智次郎の叔父宅)の蔵にあった陣笠(家紋入り)を頂戴する


兎に角同君は豪傑肌の変り種であった。


陣笠ってお代官様が被っているようなアレよ…^^;
そら大分変ってると思うわ。
千坂智次郎は14期、同じく米沢出身です。

攻玉社時代は、上泉は運が悪いというか巡りが悪いというか、そんな感じだったようで、近藤真琴からはあまり良くない意味で目を付けられていた雰囲気^^;
山屋の談話はもうひとつあるけど、それは略。


この山屋の話は昭和11年8月のもので、近藤真琴伝編纂の為の談話。
山屋は編者にちゃんと上泉の許可と校閲を得なさいよ、と注意していたそうです。
上泉は

大分昔の事だし、細かい点は違う所もあるけど大筋は一緒。
近藤先生の伝記の中に名前が載るなんて光栄^^

という旨の返事をしています。
おおらかですな。


『上泉徳弥伝』、見ていると山本英輔の回想が結構面白かった。


https://blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/1b6c83c5e7ec8a6206b8b493f2b197c5.jpg
昭和5年の特別大演習観艦式 in 神戸。


山本英輔、山本権兵衛の甥ですが、艦隊派でしてね。
ロンドン海軍軍縮条約なんかにも反対していて、ぶっちゃけあまりいい印象はない訳です。
その一方で海軍で航空機に一番初めに目を付けて採用を上申したり、割と開けた人であったと思うんだ…
そんなこんなで自分の中でちょっと整合性が取れない人物でもあります。
ただ随分前に防衛研究所の史料閲覧室に行った際、調査官の方と(なぜか)山本英輔の話になり色んな話を聞かせてもらった。
結構印象変わった…(いい方に)


それはいいんですが、山本は上泉の下僚だったことが幾らかあったようです。
結構仲が良かったみたい。

上泉、大酒豪でした。
さ、酒癖はどうだったのか…^^;
毎日相当飲んでいたようで、山本は「大酒飲みの寿命は短いのに」的な事を回顧で言っていて、それは上泉は早じn(自重)

艦隊勤務の時も午前2時頃まで深酒をしているので
「早く寝なさい」
とか叱って酒宴を切り上げさせてたらしい。
部屋が開いていると思って覗いたら、酔っぱらってお腹丸出しで床に寝てたり。
子供か(笑)
上泉12期、山本24期なんですけどね!

自転車こいで艦に帰ってきたーと思って見てたら、そのまま直進して海に落ちたこともあったらしい。
ちょっとww

色んな意味で面白い伝記でした… 
関連記事

上泉徳弥 山屋他人 山本英輔

0 Comments

Leave a comment