Para Bellum

ARTICLE PAGE

26 2014

Here I am(5) 日露戦争直前集合写真


内容はサイトに移行しました
関連記事

広瀬武夫 向井弥一 松井健吉 秋山真之 三須宗太郎 上泉徳弥 山下源太郎 岡田啓介 黒井悌次郎

6 Comments

object  

お礼

塩澤大将のページにて、ご指摘をいただき大変助かりました。
ありがとうございます。
早速、修正させていただきました。
また、コメントのリンクからこちらのページにも訪問させていただきました。
とても興味深く、いきなりで失礼だと思いましたが、
よろしければリンクに追加させていただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

2014/07/26 (Sat) 11:47 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>objectさん

こちらまでわざわざ御足労頂きましてありがとうございます。
私のあってなきがごとしの読力でお役にたてましたようで何よりです^^;
リンクの件、もちろん無問題です!
宜しければどうぞ張ってやってください。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

2014/07/26 (Sat) 12:27 | EDIT | REPLY |   

object  

ありがとうございます。
追加させていただきました。

2014/07/26 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>objectさん

こちらこそありがとうございます^^

2014/07/27 (Sun) 06:58 | EDIT | REPLY |   

MV  

アジ歴検索は運次第(笑)

>神様のような人だ、MVさん!

いやいや、たまたま知っていただけですって。
この程度で「神様のような」なら、ヒジハラさんは神様仏様そのものですよ~。どれだけこちらで勉強させていただいていることか。

アジ歴の資料検索って、運7割、努力3割ってとこありますよね~。
どれだけ頑張って検索しても見つからなくて、あきらめて後日別の検索をしているときにひょいっと見つかるとか。
見出し語が違って登録されていることもありますし。ケアレスミスではなくて、元の字が略してあるので違う字に見えるのを、そのまま登録しているというのを見つけたことがあります。
違ってたら教えてください~というボタンがあるので、何度か協力しました。

>大丈夫かなあこの本と思わんこともない。
刊行当時に私も読みましたが、章立てを組み立て直して欲しいとか、文献から引用するなら現代語訳だけでなく原文も載せて欲しいとか、著述の基本的なところで「……」と思い、出版社名で検索したことがあります。
版元には同ジャンルの本の刊行があまり無いようですし、そもそも自費出版物の刊行を請け負う所のようですから、版元側がやったのは本の体裁のアドバイスと、文章の「てにをは」のチェックぐらいではないかと。だから仕方ないですね。

2014/07/27 (Sun) 15:46 | EDIT | REPLY |   

ヒジハラ  

>MVさん

いや、たまたまでも知ってる知らないが天地の差ですよん…^^;
運7割っていうのは本当にそうですよね。
頑張って探して、諦めた頃にするっと出てきたりもしますし、年月経てからということもありますし。
それを思うと、ニアミスが随分あるのだろうな~と…
肝心なところで漢字間違いで登録されてたりも、仰る通りかなりありますし。
でもPC上で見られるだけで十分です…
東京の防研まで行って見ていた頃を思うと今は天国です(笑)

>著述の基本的なところで「……」と思い

いや、ホントそうなんですよね、この本^^;
なのでエピソードの辺りしかほぼ見てないという。
引用も口語訳はいいのですが、せめてどの文献からの引用かが欲しい所です。
しかしながら、確かに自費出版系なら仕方ないですねえ…

2014/07/27 (Sun) 22:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment