Para Bellum

悲愴飛想
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

悲愴飛想

4

今、年末来やり取りしている方がミャンマーに行っている。今日はラングーンかな?行先はミャンマーの白骨街道である。私も行かないかと誘って頂いたのだけれど、ちょっと難しかった。このブログの軍歴証明書ノートをご覧になった祖父の戦友の甥に当たる方なのです。本当に驚く。インターネットの広がりは凄い。祖父と同じ中隊、第31師団(烈兵団)山砲兵第31連隊第3中隊の所属。私の祖父はインパール作戦(コヒマ方面)に参加し、...

続・くろがねの姉妹(金剛、比叡)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

続・くろがねの姉妹(金剛、比叡)

0

シーメンス事件は海軍高官がヴィッカース社とシーメンス社から軍艦建造に関してリベートを取っていたという大汚職事件です。シーメンス事件というものの、実際にはヴィッカースの方が深刻で、本来ならヴィッカース事件と呼ぶ方がふさわしいだろう。金剛の建造をヴィッカース社に発注させる為、ヴ社から三井物産を経て艦政本部長松本和に40万円のリベートが渡っていた。艦政本部は造艦及び造艦技術部門を監督する海軍の重要官衙です...

くろがねの姉妹(金剛、比叡)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

くろがねの姉妹(金剛、比叡)

0

(※題は大袈裟。笑)立て込んできた。色々と書きたいこともあるのですが、ぼやぼやしている内に忘れてしまう。今月初めにソロモン沖の海底で戦艦比叡が発見されていました。(産経新聞2019/2/6)うおお!このチーム本当に凄いな…武蔵発見の時(2015/3)も震えましたが、お金持ちはやることが違う。俺たちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる憧れるゥ!(ジョジョは3部までが好き)2年ほど前に駆逐艦も発見していま...

最下層
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

最下層

4

「めしあげ!!~明治陸軍糧食物語」最近面白いなと思って読んでいる漫画。日露戦争で「めしあげ」かー!しかも副題が「明治陸軍糧食物語」。脚気 の 予感 しか しない!(笑そしてよくよく見たら協力に「軍事法規研究会」の名前があり、おっ?と。そんな感じで拾ったのですが、これは面白いです。それによく調べてあると思う。まず日露戦争の陸軍、しかもヒラもヒラの二等兵が主人公。それだけでももう随分しんどいと思う。デ...

棄民(「草の乱」)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

棄民(「草の乱」)

6

DVDをお借りして、明治17年に起きた秩父事件を描いた「草の乱」を見ました。良いとは聞いていたのですが、良かったわ。丁寧な、それでいて静かな熱気のある映画でした。これテレビで放送したらいいのに…MVさんがコメント欄でおっしゃられていますが、これなんで事件なの?と思う規模で内容ですな…私、自由民権運動関係は全然知らないので、研究史どころか一般書ではどうなっているかという事も知らないのですが、近デジを見ている...

つながり
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

つながり

7

何気なくチャンネル回して驚きました。大河ドラマに三島通庸の息子が出てる。三島弥太郎と三島弥彦です。弥太郎はある有名な文学作品のモデルになっていまして、それが徳冨蘆花の『不如帰』(ふじょき)。妻は大山巌の娘の信子ですが、病気が理由で離縁されています。詳しくは「蘆花夫婦の話」をどうぞ。あれ奥さん薩摩弁?と思ったのだけれど、もしかして母かなあれ? 後列右端が三島弥太郎。左端は松方正雄、幸次郎(松方正義...

『薩摩の密偵 桐野利秋』※1/23
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『薩摩の密偵 桐野利秋』※1/23

8

『桐野利秋日記』(栗原智久編著訳/PHP)を久し振りに見てたのですが。というか、ぺらぺらめくっていたんですけど、あのさ、あのー… 桐野利秋の日記が残っていると以前書きましたが、現代語訳と解説付きで収録されているのが上記の書籍です。『薩摩の密偵桐野利秋』に「二度に及ぶ刺客の襲撃」という項目がありました。そのひとつ目として紹介されている襲撃ですが、『桐野利秋日記』を見ると襲撃されたのは桐野ではなく、清...

英雄たちの選択 西南戦争(※見てない)
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

英雄たちの選択 西南戦争(※見てない)

2

(題w)いや…なんか私桐野ロスに…(笑)これだけ桐野のことを密度濃く考えて一ヶ月近くも過ごしたのは初めてだと思う(笑)以下ぼちぼち徒然に。12月初旬か中旬だったと思うのですが、NHK-BSで英雄たちの選択スペシャル「決戦!西南戦争 ラストサムライ 西郷隆盛の真実」が 2・3時間程で放送されていました。新史料!という話もあったし、あれだけ「西郷どん」は酷いレビュー()をしても、流石にこの手の番組は史実改編は...

『薩摩の密偵 桐野利秋』感想 (1/19追記)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『薩摩の密偵 桐野利秋』感想 (1/19追記)

7

(1/19、追記にあたりにエントリ名を変更しました)去年秋に出た本は新刊かという話ですが。笑今この勢いで読まないと積読になる可能性があると思って昨日と今日で読み終わりましたが、私はどーも期待しすぎていたようである…桐野作人さん、もう少し史実実証寄りの方だと思っていたのだけれど、ちょっと違ったかなあ。あとがきで「密偵としての桐野像を新たに提示」とあったけれど、幕末時の姿は密偵説に寄せすぎて、「え?」と思...

桐野利秋、とある人物評 余滴
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

桐野利秋、とある人物評 余滴

7

おまけです。出したい写真があったのですが、現物が見つからず断念しました…あうーその昔、私が初めて鹿児島に連れて行ってもらった時に買ってもらった、私の唯一の桐野利秋グッズ。薩摩5傑と銘打たれた島津斉彬、西郷隆盛、大久保利通、村田新八、桐野利秋が描かれたテレホンカード…これ!絶対に家にある。捨ててないんだけどー…篤姫とかとちゃうわ!と思ってしまうのだ。しかしどういう人選なんだろうとは、未だに思う。***桐野...