Para Bellum

tag: 鈴木貫太郎  1/2

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(6)

昭和天皇の周辺、続き。★★昭和53年12月4日の記者会見記者:足立タカさんは鈴木貫太郎首相に嫁がれたわけですが、二・二六事件の時はいろいろ陛下もご心痛だったと思うんですが。天皇:そのことは、かえって記者あたりの方がよく知っていると思いますが(大笑い)、鈴木タカが、首相が非常に悲しむべき状態になった時に屹然として、もうこれ以上殺さずにという希望を述べたということが話に載っているように思います。『陛下、...

  •  0
  •  0

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(3)

迪宮裕仁親王が学習院初等科を修了する前年頃より、卒業後の教育をどうするかの模索を乃木希典は始めます。小笠原長生なんかに相談しつつ陸軍士官学校と海軍兵学校を足して2で割ったような、そして文武両道の帝王教育を構想していたらしい。ただ宮内省を説いて回るも中々理解も協力も得られなかったようで、しかもその途中で乃木が自刃してしまう。ただ教育構想の骨子枠組みは引き継がれたようです。そして大正3(1914)年4月1...

  •  0
  •  0

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)

こぼれ話、その2。いや、内容的には全然零れとらんのだけれど。今回は以前紹介した『陛下、お尋ね申し上げます』から。昭和天皇は戦後の記者会見で戦前の事を結構尋ねられていました。あまり細かい話は無かったのだけれど、昭和天皇の言葉の中に知っている人物がちらほら出ていたのですね。明治の人とか明治の人とか明治の人です。やっぱりそのあたりに興味があるのだ。笑とりあえず、引用に入る前に昭和天皇が幼少期~青年期に関...

  •  0
  •  0

鈴木貫太郎の昭和

(※題は大袈裟)明日のNHKの歴史番組が鈴木貫太郎だそうで。 九死に一生スペシャルの第6弾をするのか(第7弾まである)。 明後日は2・26事件の日ですものね。 証言テープが見つかったということですが、テープが見つかったのは2年前です。結構前やぞ。笑 当時ブログでNHKニュースを掲載したので覚えている方もおられると思います(現在非公開)。 そういえばこの話はNHKでしか見なかったのだけど、NHKのスクープだっ...

  •  2
  •  0

パラべラム~堀悌吉(16)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****前回が9月20日。 このページの最終改定が9月30日。 色々間に挟まったからですが、なんというかすいません。笑 我ながら(笑)としか書けない。だって初回が8月11日だよ。笑 何時まで続くのって感じですが、目標通り今年中には終わります。 ...

  •  4
  •  0

栴檀(3)

No image

サイト移行の為下ろします。...

  •  0
  •  0

パラべラム~堀悌吉(12)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****大好きな岩手県の雄安倍貞任の御命日です。今日は前九年の役が終了した日ですな。(1062年)そういえばこちらのブログに移ってから平安時代の話を書いた覚えがないなあと…^^;気が向いた時にでもぼちぼち書いて行けたらという感じですか。ちなみ...

  •  0
  •  0

海軍兵学校15期!(8) 海軍的華麗なる一族

*****この話は8回シリーズです。追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。題は 「We are!」 に変えています。*****題(笑) 海軍兵学校15期、続き! 石川寿次郎 長兄が石川伍一、弟に石川漣平陸軍中将、甥に石川達三がいます。 石川達三、あの作家の石川達三です。 『生きてゐる兵隊』で国語...

  •  0
  •  0

海軍兵学校15期!(5)

No image

*****この話は8回シリーズです。追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。題は 「We are!」 に変えています。*****続き。 明治20年10月16日付の広瀬武夫書簡を見ると、芝にある某寺にクラスで集った事が分かります。 書簡には去る16日とあるけれど、エクセルと使うと当時の9月16...

  •  0
  •  0

海軍兵学校15期!(2)

*****この話は8回シリーズです。追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話> FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。題は 「We are!」 に変えています。*****続き 明治20年代前後だとまだまだ草創時期で、制度を含めた様々な点が目まぐるしく変わっていくというのがよく解ります。 広瀬武夫が海軍兵学校に在籍していた当時には大きく2...

  •  4
  •  0