Para Bellum

tag: 竹下勇  1/2

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(3)

迪宮裕仁親王が学習院初等科を修了する前年頃より、卒業後の教育をどうするかの模索を乃木希典は始めます。小笠原長生なんかに相談しつつ陸軍士官学校と海軍兵学校を足して2で割ったような、そして文武両道の帝王教育を構想していたらしい。ただ宮内省を説いて回るも中々理解も協力も得られなかったようで、しかもその途中で乃木が自刃してしまう。ただ教育構想の骨子枠組みは引き継がれたようです。そして大正3(1914)年4月1...

  •  0
  •  0

ダイバーシティ こぼれ話

No image

ダイバーシティ関連で本編には書かなかったけれど、面白かった話。①『竹下勇日記』山口多聞、山本信次郎を通じて竹下勇の長女香ちゃんとの縁談を申し込んでいた。断られた。笑竹下は自身の考えを述べた上で先方に再考を促していたけれど、こういう場合ってどういう風に断りを入れるのだろう…そして香ちゃん、聖心女子学院に通っていた。そう言えば山路一善の娘たちも聖心女子学院だったなあ…何かあるの?②『沢田節蔵回顧録』沢田節...

  •  0
  •  0

プリペア

そろそろ財部彪日記を見に行くための準備をしなければならないのだが。 前回見に行く際にかなりの下調べをしたので、何となく気持ちがたる~ん。何と云ふことでせう。とはいえ見たいと思うところはあってですね!特に気になっているのは明治32年の部分。広瀬武夫がロシア駐在、そこへ朝日回航委員の竹下勇、イギリス駐在員の財部彪がやってくる。その時の記念写真が上のものですが、前列中心に座っているのが上村彦之丞です(中...

  •  2
  •  0

お披露目

財部彪、故郷の都城(宮崎県)で挙式していたと思っていたのだけれど、東京で挙げていた。財部彪顕彰会の伝記の記述も違うってどういうことー!ちょっとどういうことー!(笑)私サイトで都城で挙式と書いたよ!?(笑)ただおかしいとは思っていたのだよー(※これに限らずこう感じる所は意外と多い)関係者皆が東京にいるのにわざわざみんな宮崎まで移動していたのかとか、さあ…東京か。東京やんな、やっぱり…うん、なんというか...

  •  0
  •  0

書簡と日記と

国会図書館には本当にチョー!久しぶりに行ったのですが、結論としては段取り八分の大勝利でした(いい笑顔)。手間取るかと思いきや、思いの外スムーズに事が運んで我ながら怖い位だったわーというか、この日は本当にすべて予定通りに事が進んで自分でもどうしたのだろうと思う程の出来でした。準備って大事ね…(今更)マイクロフィルムも触るのが久しぶりだったので大丈夫かと思ったけど大丈夫やったわ。よかったよかった。下写...

  •  0
  •  0

発掘

ちょっとイケアに行ってきました。初イケア。イケアデビュー(しつこい)。手ぶらで帰ってきました。…え?いや、パン捏ね台に使えそうな大変いい感じのまな板があったのだけどちょっと重たかった…でもカプチーノとシナモンロール食べたよ!税込で〆て210円だった!ソフトクリーム50円だって!やっす!(笑)諸々が安くて驚いたイケアでしたわー。帰りに図書館によってあれこれ見てきました。『有終』13年分程の目次を見てき...

  •  2
  •  0

サイト更新 竹下勇(2)

No image

■サイト更新 近代 【 『竹下勇日記』を読む 2 】 前の話の続きです。 雑多にいろいろ取り揃えてみました。纏めろよ。(放棄しました 前回は財部彪と向井弥一の話が中心でしたが、今回は日露戦争中の山下義韶、セオドア・ルーズベルトとの話、また大正10年皇太子の外遊時の話などを。 竹下は日露戦争前より米国公使付武官としてアメリカに赴任していました。 戦争中ずっとアメリカにおり、ポーツマス講和会議の海軍代...

  •  0
  •  0

サイト更新 竹下勇

■サイト更新 近代 【 『竹下勇日記』を読む 1 】 夏にブログであと少し続くと書いて半年。何といういつも通りのパターン。笑 待っている方がいたらすいません。 竹下の話とか嬉しいのは私だけの様な気もするんだけど… 竹下は広瀬武夫の関連で名前はよく出しているのですが、竹下だけをピックアップして書いたことはなかったなあと思いまして。 一般的には大して知られていないだけで、結構色々なことをしている人で...

  •  0
  •  0

ふりさけ見れば春日なる(2)

三笠の話を書いていて昨年目にしたニュースでじゃんけんの「軍艦」が出てきてたなとふと思い出す。 良い内容ではなかったので何とも言えませんが、懐かしいというか、驚いたというか。 グーは軍艦、これは同じだったのだけど、チョキが朝鮮、パーがハワイですって。ですって。 そうなんだ。 私の時は(所は?)、チョキが沈没、パーが破裂だった。 縁起でもねえ。笑 地域差とか年代差とかあるのかなと思ってさ。 というか今どきの...

  •  0
  •  0

パラべラム~堀悌吉(16)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****前回が9月20日。 このページの最終改定が9月30日。 色々間に挟まったからですが、なんというかすいません。笑 我ながら(笑)としか書けない。だって初回が8月11日だよ。笑 何時まで続くのって感じですが、目標通り今年中には終わります。 ...

  •  4
  •  0