Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

ミリメシ

久々に兵食関係の話。
森鴎外の悪口ではない。笑

図書館の新刊コーナーで秦郁彦の『旧日本陸海軍の生態学』という本を見つけたので借りてみた。
読むと言っても論文の寄せ集め集なので、好きな所だけ捲った感じ。
203高地攻め論争、閔妃殺害事件、ミッドウェー開戦や軍用動物に関する話など、日清戦争以前から大東亜戦争に渡る範囲の話が収録されているので、興味のある方は面白いかも。

私が面白そうと思ったのは「旧日本軍の兵食 - コメはパンに敗れた?」という論文に「嫌われた陸軍のパン食」という節が含まれていたからで、特に脚気論争云々からの興味ではない。
まあ、森鴎外の事績も簡潔にひどく書かれてました。笑
仕方ねえ。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141220.jpg


脚気の話は今まで何度か触れているし、サイトの方でも纏めたものを既に載せているので、そちらをどうぞ。
大体において
・陸軍vs海軍
・森鴎外vs高木兼寛
…という構図になっていく話ですが、ただここに森鴎外を当てはめるのはちょっと気の毒な気がせんでもない。

日清日露戦争時はいずれも上司がいるので、全部森が悪いという訳でもないと思うし。
私としては森も責任を免れるものではないと思うけど、有名人だから名前が挙がっているという点は少なからずあると思う。
まあそれはいいのですが、この本、ちょっと切り口が違ってて面白かったのよ~


日露戦争で陸軍は少なくとも25万人程の脚気患者を出していると考えられています。
(※実数が隠されていて正確な人数が分からない。ちなみに出征数は約100万人)
そして脚気による死者は2万5千人。

麦飯(白米と麦の混合食)に変えりゃ或る程度防げただろうに、陸軍医務局がそれを頑強に拒否した為に起きた悲劇でした。
流石に日露戦争後には改善された…
のかと思いきや、正式に麦飯が採用されたのは大正2(1913)年。

大正2年。


えー…日露戦争から10年近く経ってるんだけどー…


パンも主食として取り入れようという動きも、大正中期にあったそうです。
そうなんだ。
シベリア出兵の時に米飯だと凍ってしまうという問題が起こり、しかも当時米騒動で米価が上昇していたため、当時陸相であった田中義一がパン食を導入してみようとしたらしい。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141220_2.jpg


米飯凍るって…^^;
それ日露戦争の時も全く同じ問題起こってたよね。
森鴎外(当時第2軍の軍医部長)がどうすれば凍結しないおにぎりを作れるかって研究してたよね。
それはどうなったの。

ただ凍結だけでなく、熱帯では米飯は腐りやすいという問題もあったのでパンの代用を考えたそうです。
パン食に慣れさせておこう、というもの。

当時、流石にパンも普及してきていて、米や麦にはかなわないものの嫌悪する人はそんなにはいなかった様子。
そういうこともあって、陸軍省から全師団に対し、毎週少なくとも1食はパンにして、という指令が出ていたそうです。
その流れを受けてシベリア出兵の際は毎日1食は必ずパン食を励行することになった。
野戦パン焼車も配備されていたそうです。

ただ現地では米飯はやっぱり凍結して主食をパンに頼らざるを得ず、従軍兵士には
「ロシアパンのまずいこと天下一品」
「やっぱり日本人は米でなきゃ」
とか言われる始末。笑
めっちゃ不評だった。
日露戦争後に大連で子供時代を過ごした人の回顧だと、
「焼きたてのロシアパンは美味しくて子供心に売りに来るのが楽しみ」
って話だったのに(笑)
時代と年代によるのか。

パンを嫌悪する人はそんなにはいなかったとはいうものの、陸軍で兵士に主食として出すものとしては馴染まなかったのだと思う。
結局パンを主食にという動きは定着せず、昭和8年には兵士が望めばパン0で米麦のみ、その麦も米に変えることができるようになっていたようで、結局元に戻ってしまった。


聞いたことのない言葉がちらほらある。
野戦パン焼車?^^;もう少し名前…


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_12200209.jpg


防睡菓子とか航空チョコとか、活性鉄飴とか(笑)
航空元気酒…(いつもながらのこのネーミングセンス。笑)
防睡菓子ってフリスクみたいなもん?
というか、右上の写真に書いてあるサプリメントにはちょっと驚いた。


同じ論文でへーと思ったのが、明治23年に海軍で食事への不満からサボタージュが起こったという話が載っていたこと。


明治二十三年春、軍艦「海門」で下士官兵の集団サボタージュが起きた。
理由を聞いてみると
「ワシらは白い米の飯が食えるという理由で海軍に入りました。ところが、フネでは飯の代わりに、出るのはオヤツばかり」
の不満からと分かる。
たしかにオヤツ(乾パン)に缶詰か塩漬の肉、乾物野菜の組み合わせでは不満が高じたのもむりはない。
分隊長の坂本一大尉(のち中将)は艦長に
「ひとまず米を食わせて落ち着かせましょう」
と進言したが、規則を重んじる艦長は煮えきらない。
そこで大尉は独断で取り寄せた白米を食わせて「鎮圧」した代りに本人は転勤させられたという。



出典が『海軍逸話集』だったので確認した。
神戸沖での話で、坂本一(7期、同期に加藤友三郎、島村速雄ら)は当時海門の2番分隊長。
兵員の不満の押さえ方がまずかったようで、言う事を聞かない。
坂本は抜刀して2番分隊の名簿を読み上げ上甲板に整列を命じ、

「言う事を聞かなかったら斬り殺す」


……^^; (一件落着したそうです…
ただ上にあるように独断で米を取り寄せたという話はねーなー。
全体的にちょっと話違うし、他に種本ありそう。どこからの話だろう。

てゆうかね、この時の様子、広瀬武夫が見てたんじゃないかと思う。
広瀬は明治23(1890)年3月中旬から海門乗組みの少尉候補生なんですよ。
で、海門で少尉になっている。
秦郁彦は23年春と書いていて、坂本一は23年とあるだけだけど。
アジ歴見てたのだけど、引っかかる書類がないのでちょっとよく分からん。

今年の初めに書いた三笠のストライキにしてもそうだけど、ちょこちょここういう事あったのね。
時期的には同じで、22年、金剛でもちょっとしたことで下士官と水兵がストライキを起こしてる。
これ多分15期の遠洋航海の直前だと思う。
岡田啓介が回顧を残しています。
注目されないから知らないだけで、明治30年ぐらいまでは結構こんなこともあったのかなと思います。


(しかしこの本を読んでいて一番驚いたのは昭和20年3月に至っても日本に騎兵旅団が存在したことだった…)


**


大体想像の範囲だったけど忙しい。
忙しいというよりしんどいorz
まともな更新はあと2回と書いたけれど、これでおしまいだわ~
今日は今から奈良ですよ。休みねえ。 
関連記事

優先順位がおかしい話(3)

*****

この話は4回シリーズです。すでにサイトに纏めて移行済み。
そちらの方が読みやすい。
題は Odd Priority に変わっています。

*****



山梨遺芳録より (第7回)


このような、手におえぬ難物の伊東巳代治であったが、原首相や加藤海相などは、これの操縦がまことに堂に入ったもので、役者がはるかに上であった。


山梨遺芳録にある、「優先順位がおかしい話」の冒頭にあげた引用に続く文章。
伊東巳代治にもやっぱり敵わない人がいた。
加藤友三郎が伊東がどういう関わりがあったのか、ちょっと私には思い浮かびませんが…
加藤は海相、後には首相を務めているし、伊東は枢密院の長老格であるし、まあ接触は随分あっただろうけど。
原や加藤とは確かに役者が違ってただろうな~


https://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/0138.jpg


『原敬日記』によると、閣議に海軍軍縮会議の話が上ったのが大正10(1921)年7月12日。
当時原敬内閣で、海相が加藤友三郎、外相が内田康哉。
この時の話は「アメリカがこんな事を言って来たよ」というもの(非公式)。
その後英米とのやり取りがあり、「11月11日にワシントンで会議をしよう」と正式にアメリカから案内が来たと書かれているのが『原日記』8月19日条になります。

この1ヶ月の間に会議の話が広がり、そうして誰が全権になるのかという話になってくる。
訪ねて来た渋沢栄一が金子堅太郎の名前を出してみたり、三浦梧楼が高橋是清(蔵相)が適任ではないかと言ってみたり。
伊東巳代治の名前も挙がっています。

『原日記』を見ると伊東の名前を持ち出したのは田中義一前陸相(7月23日条)。
田中曰く

「伊東を会議全権に勧誘してみたら?もし断ってきたら彼の将来の発言を止むる事も得るべしと山縣云ひたり

伊東にしてみたら?山縣もこう言ってるし、という感じ。
それにしても将来の発言を止めるって、要するに伊東の政治家生命断つって事で。
田中に対し、原はこう答えています。

「政略としては良いかもしれないが、真に伊東往かば失敗疑なく、国家の為には不利益至極ならん


後日原が山縣に面会した際にもこの話が出てまして(7月31日条)、


山縣: 伊東を太平洋会議の全権としては如何(笑)
原敬: それは田中からも聞きました。政略としては面白からんも真実国家の為を思ふ時は考物なり、多分失敗すべし
     最近は米国への返書の字句相談等を伊東にしてるけど、それで大満足してるみたい
山縣例の通り伊東の非難をなせり


例の通りって、いつもかよ(笑)
山縣の台詞の(笑)は私が付け加えたのでは無く、笑いながら話してるんですよ、原に。
まああれだ。本気じゃない。


全権の人選について原が具体的な名前を出したのは、アメリカから正式な案内状が来てからです。
内田外相に誰にするかと尋ねられ、原自身は日本を離れる事は不可であり、内田が行けないなら加藤友三郎海相が適任だと思うと、そう述べている(8月19日条)。
原が加藤に渡米依頼をしたのは数日後の8月24日ですが、その際、
「今回米国に派遣すべき人物は色々勘考したれども、君の外になければ」
君しかいないんだと言っている。


https://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/0254.jpg オンリー・ユー!


原は初めから加藤にする腹積りであったかと思います。
海軍からしっかりした人を出した方が海軍を納得もさせられるし、海軍を抑えられもする。
加藤はちょっと考えさせて欲しいとか斎藤実はどうかとか、その場では保留したものの、東郷平八郎・井上良馨元帥等に相談した上、受ける事にした。


https://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/koki.jpg


8月26日、原は山縣を小田原に訪ねて、全権を加藤に内定したい旨を報告。(『原日記』8月26日条)
是非を問えば山縣は加藤で異存はなく、そこで原は「人選の前、伊東はどうだと仰ってましたが」、と伊東の話を持ち出した。
そうしたら山縣は大笑いして


「あれは冗談だ」 哄笑して、あれはと云つて一場の戯言に過ぎざる事を示せり


おーい!(笑)
まあ、原が本気にするとは思ってないから言える事ですな。
山縣は更に伊東の話を続けます。

山縣曰く、
この前杉山茂丸が、
「伊東に招かれた際、『摂政問題の取調方を俺に命じるよう山縣に伝えて欲しい、原首相よりその内意を伝えるよう斡旋して欲しい』と言われた」
と話していた。清浦奎吾もそんなことを言っていたが、誰かから聞いたか?

原はそんな話は初耳で、溜息混じりだったのかどうなのか、

伊東は兎角そんな事のみ企て持懸け居れり、其のくせ吾々には毫末も好意なく妨げ斗りなし居る

原の言葉に山縣は「本当にそうだ」と相づちを打ち、

自分如きには早く死ぬがよしと云ふ位なり、
結局伯爵を望むに過ぎず、故に何も蚊も自分がなしたりと云ひたきものなり
 

https://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/yamagata.jpg

自分如きには早く死ぬがよしと云ふ位なり 
(あいつ、俺なんか早く死ねばいいって言ってる位だからな)

ここを読んだ時は思わず笑った。(※「何も蚊も」は原文ママ)
更にまだある。(『原日記』9月22日条)


山縣、伊東巳代治を操縦し置くの必要ある様に云ふに付、外務の相談相手となしたる事を告げ <略>
牧野も誰も伊東を好まず、且つ吾々に対して妨げのみなすに付困るとて非難せしに、山縣又口を添えて非難したり。
或いは山縣も平田等より説かれて伊東操縦を考へ居るやも知れざるも、根が好まざる人物に付二言目には非難に移るものゝ如し。


要するに山縣はアレだ。
大体オマエ気に入らねー!(GLAY)ってやつだ。笑。
牧野は牧野伸顕(大久保利通次男)、平田は平田東助です。
何にせよ、ここまで言われるってよっぽどだと思うのは私だけですか…
とまれ、山縣・原の両者が伊東をどう見ていたのかが、よく分かる会話であると思います。

うまいな~と思うのは、伊東を差し支えのない所で関わらせてプライドを満足させ、毒にならないようにしている所。
いなし方が上手。
それが冒頭にあげた山梨勝之進の言葉だったかと思います。

原も山縣も、伊東とは付き合いが長い。
この話の初めでも触れた通り山縣とは伊藤博文失脚の画策に関わっていますし、原とは政友会立ち上げの頃からの付き合いになる。
そんな頃から国家の上層で重大事を挟んでずっと関わって来ているので、相手の性格や出方がよく分かっていたんだろうな、と思う。

なんといいますか。
見ている限りでは本当に優先事項が自分なんだよね、巳代治…
良い面だって絶対にある筈だけれど、出てくる事出てくる事が強烈過ぎて、私はとてもそこまで好意的には見られなくなってます。

前回見た通り伊東は昭和に入ってからも政府をあれこれ困らせますが、伊東の相手になる側がね…
真っ当に相手にしすぎというか、正面からぶつかり過ぎている感じを受ける。

山梨はワシントン・ロンドンの両海軍軍縮会議に深い関わりをもった人物ですので、大正と昭和の対応の違いを思い、歯噛みするような心持であったのではないでしょうか。
そういうことをふっと思う一文でもあります。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)