Para Bellum

TAG PAGE

tag: 江藤新平  1/2

落ち穂拾い(2)

明治初期の政治家や軍人、また地方から出てきたその地方の出世頭なんかは屋敷に書生を住まわせて世話をしていたけれど、江藤もまたそのひとり。江藤新平が世話をした若者の中に福島安正がいます。日露戦争で児玉源太郎直下の情報参謀であった福島、作戦担当の松川敏胤、兵站担当の井口省吾らとはちょっと毛色の違う参謀で、そもそもは軍人ではなかった。維新頃から語学の勉強をしていました。明治4・5年頃に学んでいた先は松本順...

  •  0
  •  0

落ち穂拾い

佐賀に行った時に向井弥一の本籍地に行ってきました。今回、佐賀海軍に辿り着くのは無理かなと思いながらの佐賀行きであったのだけれど、まあそんな感じになった。笑滞在2日目の夜が雨になってしまったので県立図書館行きは断念。下調べしていた段階で大して資料がある感じでもなさそうだなとは思っていたのだけれど、行く気ではいたのよう。温泉行くついでに。6時前だったし結構疲れてたし日傘しかないし図書館まで距離もあった...

  •  0
  •  0

佐賀旅行

今日はお昼から森鴎外のページがめちゃくちゃ読まれているのだが。何があったの。笑あんまりいい事書いてないよ…^^;* 今回は江藤新平ツアーでした。薩長土肥とは言うものの、薩長土とは違って如何にも幕末ー!という感じの薄い肥前なんであるんであるんである(大隈重信調)鍋島閑叟という名君のおかげで領内では政変もなく、政見の異同で粛清された藩士もおらず、戦争もなく、他藩と比べるとなんちゅう平和さよ。従って特段...

  •  0
  •  0

@佐賀!

佐賀におるでー。 江藤のお墓参りに行ってきた。今日は江藤巡りでしたわ…銅像から生誕地、斬首された所も、佐賀の乱後に乗船した地点にも行ってきた。しかしこれだけ江藤巡りをしても、なんか江藤に関する情報があまりない…却って江藤不足で帰りそうな予感が(笑...

  •  0
  •  0

須臾

年始から工事で閉館していた中央図書館がやっと開いて、12月半ばに頼んでいたお取り寄せの本が今になって手元に来た。 orz 原敬の本はまだ20ページほどしか読んでない… 『海軍糧食史』と『陸軍将校の教育社会史』に至ってはなんで借りたかったのかをすっかり忘れてる。 中見たら思い出せるかと思ったけど思い出せない。笑 読まずに返す雰囲気が漂いつつある。あーあ… 海軍の方は写真と図版が結構多かったのでペラペラ見...

  •  0
  •  0