Para Bellum

tag: 栃内曽次郎  1/1

パラべラム~堀悌吉(15)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****お久しぶりの続きです。前回はこちら→ パラべラム14*一方、財部彪は元々軍令系の人です。 それが明治42(1909)年12月、いきなり海軍次官に抜擢されたことは「紐解『財部彪日記』」でも書きました。 それまで一度も海軍省での勤務経験...

  •  0
  •  0

(18)岩手人脈 2

東條英機の父は東條英教といいまして、南部藩の出身になります。 安政2(1855)年生まれ、小村寿太郎、犬養毅、出羽重遠、井口省吾らと同年になります。 同じく南部藩出身の原敬はその翌年生まれで、彼らが12・3歳の頃に明治維新を迎えた。 野辺地尚義の件で触れましたが、維新の際、南部藩ははからずも”朝敵”となってしまいまして、その藩の子弟であった彼らも苦難の道を歩むことになります。 東北諸藩出身者は、総...

  •  0
  •  0