Para Bellum

tag: 岡田啓介  1/1

find out

今財部日記と並行して読んでいる本。『海軍思いだすまま』、著書は岡田貞寛。岡田啓介(15期)の次男。あ、そうだったのと思うことが結構あるぞ!面白い!岡田啓介と言えば先週のヒストリア(2・26事件の回)を見たのですが、なんというか…^^;まあいつも通りのNHK歴史番組だなあと。何とか難を逃れた岡田、女中部屋の押し入れに隠れることになりました。あの番組では岡田の存在はばれることなく首相官邸を脱出したことにな...

  •  4
  •  0

須臾

年始から工事で閉館していた中央図書館がやっと開いて、12月半ばに頼んでいたお取り寄せの本が今になって手元に来た。 orz 原敬の本はまだ20ページほどしか読んでない… 『海軍糧食史』と『陸軍将校の教育社会史』に至ってはなんで借りたかったのかをすっかり忘れてる。 中見たら思い出せるかと思ったけど思い出せない。笑 読まずに返す雰囲気が漂いつつある。あーあ… 海軍の方は写真と図版が結構多かったのでペラペラ見...

  •  0
  •  0

パラべラム~堀悌吉(13)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****・昭和5(1930)年4月1日に回訓案が閣議で可決、その日の内にロンドンへ打電 ・東郷平八郎元帥・伏見宮博恭王 → 政府が決めた以上あれこれ言う筋合いにない これで円満解決かと思いきや、まだ加藤寛治は不満たらたらで「上奏したい」の...

  •  0
  •  0

パラべラム~堀悌吉(12)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****大好きな岩手県の雄安倍貞任の御命日です。今日は前九年の役が終了した日ですな。(1062年)そういえばこちらのブログに移ってから平安時代の話を書いた覚えがないなあと…^^;気が向いた時にでもぼちぼち書いて行けたらという感じですか。ちなみ...

  •  0
  •  0

パラべラム~堀悌吉(11)

*****この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。*****岡田啓介(当時軍事参議官)は条約妥協に関する紛糾が始まってから声を掛けられたのではありません。 ロンドンで会議が始まる以前から、牧野伸顕内大臣から「会議決裂は困る」と洩らされたり(内府から=聞く方からしたら天皇の意向である)、 元...

  •  2
  •  0

Here I am(5) 日露戦争直前集合写真

No image

内容はサイトに移行しました...

  •  6
  •  0

Here I am(2) 海兵15期卒業写真

No image

サイトに移行しました ...

  •  0
  •  0

海軍兵学校15期!(8) 海軍的華麗なる一族

*****この話は8回シリーズです。追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。題は 「We are!」 に変えています。*****題(笑) 海軍兵学校15期、続き! 石川寿次郎 長兄が石川伍一、弟に石川漣平陸軍中将、甥に石川達三がいます。 石川達三、あの作家の石川達三です。 『生きてゐる兵隊』で国語...

  •  0
  •  0

海軍兵学校15期!(2)

*****この話は8回シリーズです。追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。サイト > WORKS > 歴史話> FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。題は 「We are!」 に変えています。*****続き 明治20年代前後だとまだまだ草創時期で、制度を含めた様々な点が目まぐるしく変わっていくというのがよく解ります。 広瀬武夫が海軍兵学校に在籍していた当時には大きく2...

  •  4
  •  0