Para Bellum

「幕末・維新の人とことば」展@大阪城天守閣(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「幕末・維新の人とことば」展@大阪城天守閣(2)

4

こちらの続きです。すいません忘れていた訳では…訳では…大塩平八郎に次いで見られて嬉しかったのは、江川太郎左衛門の書画です。写真チラシの左上に富士が見えていますが、こちらが江川の自画賛。「さとはまだ 夜深し富士の あさひ影」と自賛があります。解説にあったのは以下。江川は相次ぐ外国船出没による危機感から海防の強化を主張し、砲術をはじめとする西洋の進んだ技術の導入に取り組んだ。これは老中水野忠邦の支援を得...

憲政記念館(2) 特別企画展
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

憲政記念館(2) 特別企画展

0

憲政記念館の続きです。明治維新から150年ということで今年は年末まで4期に分けて「幕末明治からのメッセ ージ ―激動の時代を彩った人々―」という企画展が開催されています(ということは今年は特別展これだけだな…)。今は第3期で、8月30日まで。個人的にはもう少し展示があればよかったなーというところですが、近代政治史関係は本当に東京に偏っているので、地方の住人にはこれだけでも嬉しい。久しぶりに行ったら写真...

無鄰菴(山縣有朋の別荘)(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more
ALL

無鄰菴(山縣有朋の別荘)(2)

0

京都にあった山縣有朋の別荘、無鄰菴(山縣有朋の別荘)。現在は京都市の所有となっています。平安神宮と南禅寺の間という、割と行き易い観光地なのだけれど人少ない。笑一応国指定の名勝庭園なんやで。木に隠れて分かりにくいですが、上写真の左側、日本家屋に隣接して2階建ての洋館が建っています。こちらも内部の見学可。 1階の入り口。所有者であった山縣有朋や無鄰菴の庭園や管理の解説などがされています。こちらの内部は...

無鄰菴(山縣有朋の別荘)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more
ALL

無鄰菴(山縣有朋の別荘)

0

東山では紅葉が見頃ということで、国宝展のついでに寄ってきました。ついでというにはちょっと距離がありますが、まあ東山繋がりということで(烏丸に寄り道しとるんやけどね…東山、平安神宮と南禅寺の中間辺りに明治の元勲・山縣有朋の別荘であった無鄰菴があります。山縣は幾つか別荘を持っていましたが、とりわけよく知られているのは東京の椿山荘と小田原の古稀庵でしょうか。無鄰菴はどうだろう。京都の観光地の中でも、どち...

立見尚文 書簡10通発見
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

立見尚文 書簡10通発見

0

・陸軍中将の書簡10通発見 日露の激戦を伝える(日経新聞 11/2)・桑名版「坂の上の雲」 桑名出身の陸軍大将・立見尚文の諸戸清六あての書簡が発見される ~ 大政奉還150年記念特別企画展で一般公開 ~ (桑名市 10/5)書簡の宛先は桑名の豪商。そのご子孫様が桑名市に寄贈した史料の中に含まれていたとの事。書簡10通の内9通が日露戦争時のもので、黒溝台の戦い辺りに書かれた書簡もあるそうです。桑名市博物館で今月26...

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(5)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(5)

0

衝撃の「東郷元帥の印象ない」発言から一夜(こらー続きです。★★昭和53年12月4日の記者会見記者の、東郷元帥とか保育にあたった足立たかなどの思い出はどうか、という問いに対して。天皇:東郷元帥に対しては私はあまり深い印象をもっていないから、鈴木タカに対してのみをここでは述べることにしたいと思います。<略>鈴木タカは、本当に私の母親と同じように親しくしたのであります。<略>養育係冥利に尽きるだろう思いま...

思想の殺戮
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

思想の殺戮

0

『「大正」を読み直す 〔幸徳・大杉・河上・津田、そして和辻・大川〕』内容は昭和を考えるには大正からですよねということです(簡略化しすぎや…昭和陸軍の、統帥権を利用した暴走の萌芽は大正のあちこちに転がってるのよという勉強をしていた身からすると、知ってますとしか言いようが…昭和の全体主義の萌芽は大正時代にある、という話。個人が持つ思想が明治末に国家により圧殺されるところから始まり、最後には個人が全体主義...

固め修めし大八洲(7)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

固め修めし大八洲(7)

2

読んでるよーと声を掛けて頂いて嬉しいです。拍手をしてくださっている方もありがとうございます^^反応があるとやる気が出るわー(現金)そして伊藤博文の話になると熱くなる。笑 大好きなんです伊藤博文。近代の政治家で一番好きだ。 前回の話、非常に単純化してます。 さすがにあそこまで簡単な話ではないのだけれど、バサッと大枠を掴んで。歴史は大きな流れが分かると細かい所も分かりやすいから。 日清戦争後~日露戦争前...

固め修めし大八洲(6)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

固め修めし大八洲(6)

0

戦艦八島の話が政治の話に移り変わりつつあるよ。どうして。 明治27年の日清戦争で日本は勝利を収めます。 戦後の下関条約で得たものは澎湖諸島・遼東半島・台湾の割譲、あと賠償金2億両。 が、三国干渉(ドイツ、フランス、ロシア)で遼東半島は返還することになります。 この一事で政府や国家上層のロシアに対する警戒感が非常に高まった。 陸海軍という当事者のみならず、政治家も軍拡と近代化が急務であると強く認識する...

固め修めし大八洲(5)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

固め修めし大八洲(5)

4

戦艦八島の続き。 議会で戦艦の建造費全額削除されること2年あまり、第4議会の時点で明治26年。 日清戦争いつから始まるか知ってるか。 明治27年だ… ただ戦争が始まる年月日なんて当時の人には分からんので、国際情勢の変化に鑑みて心配だけはものすごく募る。 一番心配したのは恐らく明治天皇だと思われ、流石に政府と議会の間に入りました。 曰く、 国防を揺るがせにすれば100年の悔いを残すことになる。 そこで私...