Para Bellum

TAG PAGE

tag: 伊木壮次郎  1/2

今日の財部日記(10) 伊木壮次郎6

日本郵船ウラジオストク支店開設が明治29(1898)年4月。ウラジオに派遣されていた伊木壮次郎が一時帰国したのが明治29年6月(伊木壮次郎2)。再度ウラジオに派遣ということで、無記名パスポートが申請されたのが同年9月11日。②9/11 玉利軍令部副官→三須人事課長 (伊木壮次郎2参照)海軍大尉伊木壮次郎嘗テ秘密御用ヲ以テ露領浦潮斯徳ヘ出張ノ処去ル六月命ニ依リ帰朝之際旅行券ハ同所貿易事務官ニ於テ取リ上ケ相...

  •  0
  •  0

今日の財部日記(9) 伊木壮次郎5

 日本郵船のロシア語研究生・東健次という変名で、ウラジオストクで軍事スパイをしていたという伊木壮次郎。財部彪、広瀬武夫の1級上の海軍兵学校14期。広瀬はロシア・ロシア語という点、財部は日本郵船という点で繋がりがありそうかなと思われます。 ただウラジオにスパイで派遣されたというだけでロシア語を解していた人物だったかとは断じられないかなとは、と我ながら思いますが。この辺りはやや判断に苦しむ所ではあ...

  •  0
  •  0

今日の財部日記(8) 伊木壮次郎4

『東亜先覚志士記伝』より。おー…いきなり違う…(笑)入校明治18(1885)年、卒業22年だと15期になってしまう。笑卒業は20年です…入校は『海軍兵学校沿革』を確認したのですけど、名前がない。笑鹿児島の富永壮次郎という人ならいるのだけれど、伊木姓がいない。そして明治20年に突如として伊木壮次郎が現れるのであった…実は最近『沿革』は名前の誤字誤植が多いのではないかという気がしている。大澤が太澤だったり...

  •  0
  •  0

今日の財部日記(7) 伊木壮次郎3

No image

明治29(1896)年8月10日付けで転地療養している人間に対し、9月11日付でウラジオストク出張のためのパスポート申請がなされているという不思議。しかもアジ歴を調べて出てくるのが「匿名」の「無記名パスポート」で「秘密御用」の為出張、ですからねえ。軍事スパイですよね、これ。秘密御用か。あまり聞きなれない言葉だと思いアジ歴で検索すると、ほぼ同時期の明治30年10月8日、「宗方小太郎秘密御用の為め匿名...

  •  0
  •  0

今日の財部日記(6) 伊木壮次郎2

No image

財部彪日記には昼伊木広瀬二氏来参、共ニ昼食ヲナシ雑談(M26/5/20)という一文があったり、また竹下勇宛書簡にも伊木壮次郎と何処どこで一泊して勘定未済だからついでがあれば払っといてだとか…結構仲が良かったらしい(ちなみに引用文の広瀬は広瀬武夫です)。財部は順調に進学すれば14期で卒業していた筈ですが、1年休学したため15期として卒業している。休学の理由は病気だったようです。「頭脳の佐藤(鉄太郎)、 剛毅の...

  •  0
  •  0