Para Bellum

archive: 2015年02月  1/2

サイト更新 竹下勇(2)

No image

■サイト更新 近代 【 『竹下勇日記』を読む 2 】 前の話の続きです。 雑多にいろいろ取り揃えてみました。纏めろよ。(放棄しました 前回は財部彪と向井弥一の話が中心でしたが、今回は日露戦争中の山下義韶、セオドア・ルーズベルトとの話、また大正10年皇太子の外遊時の話などを。 竹下は日露戦争前より米国公使付武官としてアメリカに赴任していました。 戦争中ずっとアメリカにおり、ポーツマス講和会議の海軍代...

  •  0
  •  0

近代ニュース

No image

近代ニュース幾らか 昨日のNHK、見ましたが、流れ的にこうかなと思って前日に書いたそのまんまが大体出てて笑った。 可もなく不可もなしというか、まあそんなもんじゃろうという感じの内容でした。 テープ聞けてよかった。(それだけか) で、その鈴木貫太郎ですが、故郷(というのには少々微妙)野田で現在顕彰作業が行われているようです。 今年が敗戦70年であるのも併せて、8月に記念館で特別展を開催するとのこと。 ま...

  •  0
  •  0

【S】田中光顕 書簡発見

No image

  •  closed
  •  closed

鈴木貫太郎の昭和

(※題は大袈裟)明日のNHKの歴史番組が鈴木貫太郎だそうで。 九死に一生スペシャルの第6弾をするのか(第7弾まである)。 明後日は2・26事件の日ですものね。 証言テープが見つかったということですが、テープが見つかったのは2年前です。結構前やぞ。笑 当時ブログでNHKニュースを掲載したので覚えている方もおられると思います(現在非公開)。 そういえばこの話はNHKでしか見なかったのだけど、NHKのスクープだっ...

  •  2
  •  0

サイト更新 竹下勇

■サイト更新 近代 【 『竹下勇日記』を読む 1 】 夏にブログであと少し続くと書いて半年。何といういつも通りのパターン。笑 待っている方がいたらすいません。 竹下の話とか嬉しいのは私だけの様な気もするんだけど… 竹下は広瀬武夫の関連で名前はよく出しているのですが、竹下だけをピックアップして書いたことはなかったなあと思いまして。 一般的には大して知られていないだけで、結構色々なことをしている人で...

  •  0
  •  0

ぼちぼち

今日は中々凄い本を借りてきた。 箱?入りである。 開けて大層ビビる。凄い装丁である。 うっすら見えますが『皇太子殿下御外遊記』とある。 大正12年の本。 毎度毎度ながらこれだけ古い本をよく貸してくれるなと思う我が地元。 読むというより眺めるために(…)借りてきたのだけれど、確実に原敬は遠ざかる。笑 そしてあんだけあんだけ気を付けてたのに、気が付けば右手の人差し指と小指が霜焼けに…orz 当社比1...

  •  0
  •  0

つんどく

No image

鬼平犯科帳観てて、そういえばところてんも違うんだよなと思いました。 私、ところてんって黒蜜掛ける食べ方しか知らなかった。 甘いお菓子だと思ってたんですけど、あれって関西だけ? ※今日の話はこの前のエントリの続きではありません。(何故書いた) 今竹下勇の話を書いているのですが、ちょっと煮詰まってきた。 書きたいことがあれもこれもという感じで中々収まらない。 文章は意味が通るぎりぎりまで削れって山本夏彦は...

  •  0
  •  0

えんぎ

家の梅が咲いたよー 白いのもひっそり咲いてた。 わんこはおまけです。笑 滅多に撮れない男子のカメラ目線が撮れた^^ そろそろ町なかの山茶花が散ってきました。ついでにわんこの散歩中に椿が落ちているのを見てそれはまだちょっと早かろうと。 武士の家に植えられたのは椿ではなく山茶花であったそうです。 山茶花は散るけれど椿は首から落ちる。それは縁起が悪いということで、避けられたそうで。 縁起と言えば、今でもそ...

  •  6
  •  0

広瀬武夫の写真(3)

No image

サイト移行の為取り下げ...

  •  0
  •  0

つれづれー

広瀬中佐銅像っていうキーワードでものすごい人が来てるんだけど。何があったの。笑*ひっさしぶりにユーハイムのフランクフルタークランツを頂きました。たまに食べるとおいしいよね。たまにって口にするのは本当に数年に1度なんだけど。ドイツ菓子とかドイツパンは好きだなあ…フランス菓子みたいな華やかさと繊細さはないけど、毎日食べられるような素朴さがあると思う。私はシュバルツヴェルダーキルシュトルテとストロイゼル...

  •  2
  •  0