Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

落ち穂拾い(4)

植木駅の待合室で母子連れに会ってだな。
附近の地図を確認していたら、
「もしかして田原坂の方に行かれますか?」
「あー…行ってきたところです…」
話を聞くと、東京からの親子連れ。

乗った電車が田原坂には止まらないものであったようで、ひとつ前の植木で降りたらしい。
そうなのだー
普通なのに田原坂に止まらない電車があるのだ…!
無人駅だからか?
それで植木からタクシーでということであったのだけれど、植木からよりは木葉からの方が断然近い。
というか、田原坂駅からタクシーで行くより木葉駅からタクシーの方が断然近いぞ!多分!

…という話をマイルドにしたのだけれど(したんか)、残念ながらこれぞ後の祭りである。笑
お気の毒様。
暫く一緒に話をしていたのだけれど、来年の明治維新150年に合せて出ているスタンプラリー(全国版)をお子さんが集めたいということで、あちこち回っているとの事だった。
正気なの?(震え声

タクシー来るまで20分?ああ、それ位掛かるでしょうね。
次の電車?行ったばかりだから30分後ですよ。
「え…30分……?」
すぐ来ますねー
「30分…」

横手行きの北上線は2・3時間に1本ですよ。涼しげな時刻表

全然調べずに東京の電車の感覚で来たらしい。
私も阪神間で30分と聞くとキーッ!となるけどね。
旅行先だと1時間に2本もある!になる不思議…


植木はとてもじゃないけど歩きでは回れないので、私もタクシーで観光。
この辺りは本当に乃木希典の関連が多い。


乃木希典@植木


千本桜。
小倉第14連隊が退却集結地にしたところ。
連隊長乃木希典少佐がここで点呼を取った所、連隊旗手河原林少尉が到着していなかったところから彼の悲劇が始まります…


河原林少尉墓地@植木 


河原林少尉のお墓。
河原林少尉が切り殺され、軍旗を奪われたところ。
石垣?の上にあって完全に逆光ですねそうですね。
久々に行ったらここまで登れる階段が付けられておりました…
タクシーの運転手さんに伺うと、NHK大河が篤姫の時に出来た、そうです。
そうなの?私多分篤姫の後に来てると思うのだけど、記憶違いしてるのかな(私が

西南戦争の頃はまだ連隊にとって連隊旗は死ぬほど大事なものではなかったのだけれど、昭和に下ると完全に神聖なもの扱いとなっております。
破れたからといって再下賜なんかはされないのですよ。乃木の時はされているのだけれど。
なので歴史のある部隊の連隊旗であると、房と棹しかないとか、そういう状態。
完全に残っている連隊旗は殆どない、というか靖国神社に残っている1旗のみ。

連隊旗手ってね、凄く目立つのです。
そらー言ってみれば連隊の顔なので当然ですが、そうであるから連隊旗手の選考基準は、
士官学校を卒業したばっかりの新品少尉で、

眉目秀麗・容姿端麗・長身であること。

笑ったあなた、本当ですよ。
若いイケメンじゃないと連隊旗手にはなれなかった。

連隊旗は下賜とありましたが、昭和になると天皇から直接連隊長に拝受されるようになりました。
居並ぶ皇族、元帥、参謀長、首相陸相と言った文官連中の中で、連隊長と連隊旗手のふたりで貰いに行く。
そらー初代連隊旗手なんて名誉以外の何物でもなかっただろう。
連隊長とは言え天皇を至近距離でなんてことが滅多にある訳なく、居並ぶ文武百官とも物凄い身分の隔たりがありますので、拝受式は緊張するなんてもんじゃなかったそうです。

連隊旗と言えば、最近読んだ『脱線陸軍よもやま物語』に連隊旗手は童貞でならなければならないという話があった、とあり、思わず笑ってしまった。
しかしながら連隊長が連隊中のメンバーを見回しても生臭い奴ばっかりで、中々チェリーっぽいのがいない。笑
当時の若い将校は花街色町ではモテモテで、公然とその方面の後輩指導をやっていた時代。

そこで目を付けたのが士官学校を卒業したばかりの少尉。
士官学校は飲食店・デパートに入ってはいけないという厳格な教育を受けていたことになっているから、一番チェリーボーイである確率は高い。
だから毎年卒業してくる新品少尉の成績の良いのが任命されることになっていた。


だが、一年もたつと、例の後輩指導によって、清純であったのも、そろそろ怪しくなり、中古車なみになるから、つぎの新車と交換することになる。
だから通常、この栄ある任期は一年である。


そうか、それで任期1年やったんや。笑
河原林少尉はイケメンだったのだろうかー(こら
明治10年だと多分そんなこと考慮されてなかったと思うけど。

植木はずっとタクシー利用でした。
官軍墓地に行ったり薩軍墓地に行ったり、神社に行ったり、多分1時間ぐらいであったと思います。
そのままやってきた電車に乗ったら、同じ車両で上の親子連れと再会してしまいこれまた笑ってしまった。
こういうこともあるのね。

落ち穂拾い(3)

乃木希典@木葉


熊本の木葉、木葉駅から一番遠い所にあったのが乃木希典奮闘の地。
神社の麓にありました。
そしてこの神社の階段を上り切った所にあったのが薩軍砲営陣地跡。
え…どういう距離関係…

駅から歩いて30~40分位ではないかと思うのだけれど、ここに来る前に高月官軍墓地に寄っているので正確な所が分からない。
西南戦争時、木葉には官軍本営が置かれていた時期があるので、官軍関係の史跡があちこちにあります。

駅からの道をまっすぐ進むと国道208号線に当たります。
その国道に面している正念寺が官軍病院になっていた。
この正念寺を少し上がった所に官軍本営跡があり、そこから「田原坂攻撃官軍第一線」まで大体1キロ。
歩いて15分掛かるか掛からないか位で、本営が非常に前線に近くて驚きました。
多分田原坂(1.5㎞)を上る時間の方が長い(笑)


田原坂資料館 


お久しぶりの田原坂西南戦争資料館。
何年か前に植木町が熊本市に合併され、北区植木町になりました。
建物も展示内容も大幅にリニューアルされております。資料館の方に聞くと、建物のリニューアルは1年半ほど前であったそうです。
良い時に来た。

従来熊本城天守閣で展示されていた西南戦争関係の展示が、こちらにやってきていました。
地震の関係で天守閣は現在閉鎖されております。
同じく天守閣に展示されていた龍驤(初代艦)の一部はどうなったんだろう…

桐野利秋、辺見十郎太の書簡も1通ずつ出ていて、これはラッキー。
石黒忠悳が描かせた神風連の乱時の刀創記録(明治九年神風党暴動時刀創図)も展示されていた。
恐らく日本刀を交える戦争はこれで最後になるだろうと画家に描かせたもので、指が無い、肉が避けて骨が暴露している…など大変生々しく、印象に残るものでした。
薩摩隼人が相手だとより一層ひどかったと思われます。

石黒忠悳(ただのり)は日本陸軍の初期の軍医総監になります。
軍医制度を作り上げた人物。
サイトでは脚気論争の話で名前を出していますので、覚えている方もおられるかと思います。
森鴎外の上司であった人ですな。
日清日露戦争の際の脚気暴発の大惨事は、森というより石黒忠悳や小池正直といった森の上司の責任だろう(しかし結構なことをしている森に責任がないとは思わない)。

娘婿が小野塚喜平次。
東大卒で、同窓に浜口雄幸、幣原喜重郎、勝田主計などがいます。
明治28年に卒業したので二八会という。
雄幸とは仲が良く、主席を争った間柄。
雄幸が首相となった際、東大総長に推したのが小野塚でした。

小野塚の友人で二八会のひとり、農業経済学の大家であった矢作栄蔵が講道館繋がりで広瀬武夫と仲が良かった。
どうも矢作は仲が良かった大学の友人と柔道の友人を仲良くさせたかったらしく(笑)、間を取り持ったらかなりの仲良しになってしまったという経緯があります。
という訳で小野塚は広瀬の友人のひとり。


田原坂駅


田原坂の資料館を見学した後は、近くにある熊野座神社に立ち寄って、田原坂駅まで更に徒歩。笑
25分ほど。
電車が来るまで暫くあったので、昔見た民謡田原坂がどこに刻まれていたのか探したのだけれど分からんまま終わってしまったのだった…

そして植木駅に着いたのが15時頃。

佐賀旅行

今日はお昼から森鴎外のページがめちゃくちゃ読まれているのだが。
何があったの。笑
あんまりいい事書いてないよ…^^;




佐賀駅 


今回は江藤新平ツアーでした。
薩長土肥とは言うものの、薩長土とは違って如何にも幕末ー!という感じの薄い肥前なんであるんであるんである(大隈重信調)

鍋島閑叟という名君のおかげで領内では政変もなく、政見の異同で粛清された藩士もおらず、戦争もなく、他藩と比べるとなんちゅう平和さよ。
従って特段大きな史跡がないのであるんであるんである(しつこい)
いや、あるんです、あるんですよ(どっち


世界遺産になったなーんもないがなーと有名な三重津海軍所跡とかね!(佐賀に恨みでもあるんか)
反射炉とか、どちらかというと幕末ちょっと前からの科学技術の発展、近代化への道が当時の佐賀の真骨頂だろう。
どちらかというと佐賀はこちらだよなあ。


佐賀 鍋島閑叟
(鍋島閑叟像@佐賀城)


殿様が優れていて、その上常にリードを取っているので家臣が霞んで見えてしまう。
こんな一大雄藩が、しかしながらその殿のお陰で明治維新に乗り遅れるという所に何とも言えない歴史の皮肉を感じますな。

そんなこんなの今回は市内にあるめぼしい史跡はある程度見て回ったと思います。
三重津海軍所と佐野常民記念館は閉館日であったため行けませんでしたが、また機会があれば。


佐賀って直通バスないのね…という所から始まりました。あー
関西からだと金立SAが一番の最寄。
サービスエリア…だと…という感じですが、ここから佐賀駅まで高速バスが通っている。
他にも便あっただろうにという感じですが、朝イチから史跡めぐりを始めるには多分これが一番スマートだったと思う。
SAには到着直後にオープンするスタバもあり、そこで1時間ほどバスを待って、駅に到着したのが8時半すぎ。
佐賀駅には8時半から開いている観光案内所があってだな、そこで自転車を借りられるのだよ!
どうだ!いい感じだろう!(笑
ちなみにこのSAのある金立には島義雄の墓所があります。

取り敢えずは江藤新平中心の史跡めぐりですが、市内には自転車で回れる範囲に結構史跡がありました。
佐賀市がネット上で史跡地図を公開しているのですが、それをピックアップすると数だけは結構ある。
それを上手い具合に繋いでいければいいな、と思いながらのサイクリングでしたが、思っていたより少しハードルが高かった。笑
分かり辛くて「あれ?この道?」とうろうろする場面が何度か。笑

そして佐賀市、地図を見て思い、また自転車で走ってみて思ったのですが、区割りが昔の城下町のままなのでは?
水路が今も生きていて、市街地の至る所に走っている。
屋敷と屋敷の間を水路で仕切っているような感じで、ここ空襲受けてないんじゃないかな。
そう思って調べてみたら、空襲の被害に遭ったのは市街地周辺だったとのこと。水が綺麗な水路も結構あり、よく見ると魚が泳いでいたりで、いいなあこういうの…


佐賀 神野公園


神野公園にある江藤の銅像。写真遠いわ。
近寄ってみるとびっくりする位覇気のない江藤像でした…
もう少し何とかならんかったんか…
江藤の屹立とした厳しさがこの像にはまるで無い。


佐賀 義祭同盟


義祭同盟の地である龍造寺八幡宮境内。
義祭同盟は楠正成正行親子を崇敬する一種の政治結社で、有名人が多く参加しています。
江藤新平、副島種臣(副島の兄が同盟主唱者)、大木喬任、大隈重信など。

楠正成父子を御祭神とする神戸の湊川神社、この境内に江藤新平と大木喬任が寄進した灯篭があるのですが、どう考えても義祭同盟の流れですね、これ。

と、こんな感じでぼちぼち紹介していきたいのですが、今ちょっとその余裕がないorz
細かい話が多いので、ブログで書いてもというのもあるのだけれど、サイトの方で更新したいです…
史跡関係もあっちこっち結構溜まってるので、頑張って作らねば。

西南戦跡巡り@熊本

今朝帰ってきました。暑かった。
昨日が最終日でしたが、リベンジついでに田原坂方面に行ってきました。
お久しぶり。

前々から行きたかった木葉へ行ったのですよー!


官軍本営跡@木葉


ざっと木葉方面にある史跡を回って、木葉にあった官軍本営跡から田原坂まで歩いてきました。
歩ける距離なのか事前に下調べをしてからの行軍(笑)だったのですが、思いの外近くて驚いてしまった。

本営跡から田原坂麓の豊岡眼鏡橋まで歩いて15分ほど。
本営から戦場までの距離が徒歩15分…
これにはちょっと驚いた。

官軍本営跡から田原坂を登って資料館を見学、その後田原坂駅まで当然のように徒歩である。笑
田原坂西南戦争資料館が立て替えられており、展示もかなり綺麗になっていました。
体験型ドラマとでもいうのか、結構大々的な展示もされていて、熊本市に編入されたら流石にお金の掛け方が…(これ


20170823_3
(田原坂で色々貰った。えらく女子を意識したシールとか…個人的にはこういう物より図録や書籍関係を充実させて欲しいのよ…)


このドラマが撮影された神社が田原坂からすぐ近くにあり(勿論激戦地区です)、館の方に場所を教えて頂いて行ってきたのですが、本当に滅茶苦茶近い所で薩軍と政府軍が銃の打ち合いをしていたことが良く分かりました…

田原坂から植木までは電車で移動。
植木はさすがに歩ける距離ではないのでタクシーを使いました。
以前来た時とはまた変わってる所もちらほら。
後々まで乃木希典を苦しめた連隊旗が奪われた辺り、河原林少尉の戦死地には階段が設置されておった…!
前までは河原林少尉のお墓、かなり高い位置にあって下から見上げることしかできなかったというのに(笑

後は昨年の震災の影響が所々に在りました。
河原立(こうらだち)薩軍墓地の石が倒れたままになっていたり、熊本隊本営の石碑が倒れたままになっていたり。
辺田野熊野座神社もブルーシートが掛かっていた。
薩軍の合葬墓だけでも早く直してあげて(涙

タクシーの運転手さんとぼちぼち話しながら史跡巡りをしていたのですが、笹尾の枝垂桜の道で、ここを行くと吉次峠だよと言われて、えっ、そうなの?と。
こういうのが分からないんですよね、余所者には…

篠原国幹、吉次峠で狙撃されて枝垂桜付近にあった薩軍病院に担ぎ込まれたそうですが、もっと遠いところを想像していたので、そうだったのかと。
篠原のお墓にはその昔現地の方が御厚意で連れて行って下さったのですが、結構曲がりくねった道を行ったような覚えがあったので、凄く遠い所まで戻ったのだと思っていた。
とは言え徒歩だと大分遠いけど。

まあそんな感じであっちこっちに行けて私は大変満足しました。笑


20170823_2


そして今回の戦利品。
江藤新平の伝記。これ欲しかったの…何回か借りて読んでたんだけど、手元に欲しかった。
島義勇のまさかの伝記漫画。劇画チック。江藤のはないんか。
江藤新平の使い道に困る妙にリアルなバッジ。笑。みさわちゃんにも送りつける予定。
吉野ヶ里の図録。楽しい。
あめがた。まさかの吉野ヶ里のお土産屋さんで見つけた…!
江藤が佐賀を船で去る際に、かつて住み、寺子屋の先生なんかをしていた丸目村の住人が江藤らの為に非常食として作ってくれたあめがた。


『江藤新平と明治維新』、出発前までになんとか読み終えたのだよ明智くん。
凄くない?(笑
いや、しかしやっぱり江藤に餓えて帰ってきたのであった…
行くなら維新150年の来年が正解だったかなー(笑
しかし来年に行ける保証はどこにもないからな。

あっちこっち見て回って今回も楽しい旅行でした。

吉野ヶ里

201708211940226d1.jpg


今日行った史跡で一番楽しかったのが行く予定のなかった吉野ヶ里遺跡という現実。
いや…なんかさ…
15、6年前に来た時はこんな規模じゃなかった…
ペーんと物見櫓(だったと思う)と竪穴式住居がいくつかあっただけだったのよ。
それが今では史跡公園内をバスで移動。
ものっそ史跡の規模が広がっていてすごく驚いてしまった。

あとは懲りずに朝一で郊外にある江藤のお墓参りに行って来ました。
斬首された江藤が当初葬られた菩提寺で、今市街地にあるお墓は改葬されたもの。
石碑くらいあるかなと思いきや、ちゃんとお墓があって少し驚いた。
行って良かったー

あと笑ってしまったのは大隈重信記念館と生家跡を見学している時だけ雨がふっていたこと。笑
嫌いとかかいたからか。笑

Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)