Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め。特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

えげつなさ

初夏に時代小説を人からお貸りしまして、今頃になって漸く読み終わるというこの不義理(B'z Live-gymの待ち時間…)。

朝井まかての『恋歌』と『藪医ふらここ堂』という時代小説ですが、どちらも面白かったです。

面白かったというか、『恋歌』はやや衝撃的でした…

中島歌子、明治のスキャンダル多き女流歌人として、樋口一葉の師としてよく知られる人物が主人公ですが、この方の夫が水戸の天狗党のひとりだった。
そうなんだ。


水戸は尊皇攘夷の先鞭をつけたと言っていい藩ですが、桜田門外の変と天狗党の乱以外はぱっとしないというか。
うん、ぱっとしない。勉強不足で申し訳ない。
気がついたらいなくなってるもんね、水戸藩。


その程度の認識であったのだけれど、藩の内部抗争の影響がシビアで震える。
長州にも正義派と俗論派の政治抗争で粛清はあったけれど、土佐でも土佐勤皇党が粛清されていたけれど、これはどうも、ちょっと…


天狗党として活動した夫や子供の為にその家族(婦女子)が受けた報復が凄惨で、これはどうにも。

女性目線での話であるということがありそうですが、男性ばかりが主人公になりがちな幕末で、しかも日が当たるとは言いがたい水戸の女性たち…の救いがこない話は、本当に救いがなくて息が詰まりそうでした。


高崎正風の関連でくらいしか知らなかったのだけれど、中島歌子、凄い時代を生きてきたんだな…

そらー明治生まれに何が分かると言われても、そらそうだよなとしか思えない。

ちなみに高崎正風は旧薩摩藩士で高崎佐太郎といい、8月18日の政変の薩摩側の立役者です。

明治以降の歌人としての方がよく知られているかな?

与謝野晶子を批判していた記憶がある。

薩摩のお家騒動「お由羅騒動」は別名「高崎崩れ」と言いますが、この高崎は佐太郎の父になります。

高崎の父は斉彬派の中心人物のひとりでした。

物語の中で貧しさのために薩長に乗り遅れているという話が何度か出ていたのだけれど、これは本当にそうだと思います。

維新は結局西日本の、貧しさを克服した経済力がある藩のストーリーです。

薩摩なんて特にあからさまですが、調所笑左衛門の無利子無担保の250年ローン(完済予定は2085年でござる…)とか、それは普通踏み倒しというのですよ…

商人に対してだけではなく、薩摩は農民からの搾り取りもえげつない。

西郷隆盛が配流された奄美大島なんて本当に悲惨としかいいようがない。


薩摩は武士が非常に多い国で、武士は3割、郷士を合わせると4割になる。

武士人口の全国平均知ってる?

1割に満たない。7%くらい。

残りの93%でこの非生産階級である武士を養っているのです。

年貢は四公六民~六公四民ぐらい。

それが40%って言うんですからね、年貢の割合も当然跳ね上がる。

八公二民です。

作ったものは残りません。そらー米なんか食べられない。

そしてこれは年貢ですので、公役(労働)なんかもあるわけです。

一応、本当に一応は武士の端くれにいる筈の郷士ですら自ら耕さないと食べていけない位ですから、後は推して知るべし。

ちなみに中村半次郎(桐野利秋)、城下士です。

親が配流になり禄が没収されたりとちょっと特殊ではあるけれど、朝から晩まで働かないと食べていかれない。


薩摩では農民一揆が起こらないといわれますが、起こらないんじゃなくて、起こせないんです。

文字通り生きていくのに精一杯でそんな気力ないし、武士からの監視がものすごい。

農民というより奴隷です。


島津斉彬は名君として誉れ高き藩主ではあります。

が、斉彬が行った大砲や軍艦等の西洋軍事技術の研究・開発・製造といった集成館の事業はめちゃくちゃお金がかかる訳で、結果的には斉彬の代で増税ですよ。

調所は斉彬の”蘭癖”により、薩摩が再び経済的に苦しむ羽目になると斉彬の藩主襲封に反対しましたが、それは確かに正しい見解であったと思います。

斉彬が藩主として良いか悪いかはまた別の話。


借金の踏み倒しと行財政整理、その上での増税で幕末の薩摩の軍事力は成立しているんだよなあ。

何処の藩でも似たり寄ったりの所があるとは思うのだけれど、薩摩のえげつなさは徹底してると思うんだよねえ。

だからこそ維新の立役者になれたということがあるんだろうけれど。


B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-@ヤンマースタジアム長居

  • CATEGORYB'z        
IMG_5973_R.jpg


2018年9月15日、16日の大阪2Daysに参戦してきました!
控えめに言って最高でした。死ぬ。

今回のツアータイトルはHINOTORIということで、松本さんが「LOVE PHANTOM」の続編を何年か考えていたということを言ってはったので、それからですよね。
「HINOTORI」はSCENESの会場でも直筆の楽譜が出ていましたので、もう何と言いますか。
東京行ってて良かった…
 
 
IMG_5979_R.jpg


今回のツアトラは2種類でした。


IMG_5974_R.jpg


上の燃え盛っている方が好みです。


IMG_5976_R.jpg


バックはHINOTORI仕様とR&R。

そしてですね、長年B'zのサポメンをされているBarry Sparksのミニサイン会&握手会にも行ってきました!行けた!
グッズ売り場で相当並んだのでちょっと無理かと思ったのだけれど、間に合ったよ…!
私もうバーミリオンカード作るべきでは…?

 
IMG_5987_R.jpg 


ニューアルバム発売に併せてのサイン会でした。
やばい…ご本人…!
案の定I'm a big fan of you(大好きです)、会えて嬉しい位しか言えなかった!(笑)

9/15はスタンド席、ステージの真正面、ちょっと後ろの方。
9/16もスタンド席、15日よりちょっと右側、前の方。
どちらもいい席でしたが、9/16日はより神席でした!
本当に久々に間近でふたりを見た!

15日は天気が結構怪しくて、甦る2000年の千葉マリンスタジアム…
いやーこの年の8/9のライブ、豪雨で途中で中止になったのよね。
Callingの映像が凄くいい、ある意味伝説のライブなのだけれど、その日に参戦だと辛いな…
私、大阪希望したのに第3希望のマリンスタジアムに飛ばされまして8/5に参戦。
この時も稲光が凄くて雨も怪しくて、ひやひやしてたのを思い出す。
凄く印象に残っているライブでした。
そういう事もあったので、ゴミ袋(荷物用)とレインコート持参でした。
雨は大したことなかったけど、持って行ってて正解だった。
16日はいい天気でした。

セトリは追記以下。
私だったらライブ行く前には絶対に知りたくないと思うネタバレがありますので、東京2days(+ハワイ)に参加される方は見ない方がいいと思います。
自己防衛してね。
  
 

Pleasure!2018!

  • CATEGORYB'z        

IMG_5968.jpg 


 

明日明後日B'zのPleasure2018に参戦してきます!大阪2days!

ほんっとうにもう、ほんっっ…とうにもーこの為にこの半年頑張ってた感じ…

今週続きまくった仕事の人間関係の理不尽もこれを思えば耐えられた…!

楽しむぞー!歌うぞー!踊るぞー!バリーさんと握手したいぞー!


もう生では聞けないと思っていた「光芒」を稲葉さんが歌ってくれるのが涙が出る程嬉しい。

大好きなんだ…

そして今回のpleasureは、本当に大好きな曲ばかりなんだ…

こんなに嬉しいことが明日明後日にあって、あと月末にハワイのビューイングがあって(梅田で参戦しますー)、10月以降どうやって生きていけばいいんだろう…

完全にロスる…


とりあえず明日!明日だ―

ライブ行かれる方楽しみましょうねー!


混在明治ビギニング

  • CATEGORY明治        
地元西宮では金曜深夜の雨の降り方と雷は異常でしたが、明日朝にかけても豪雨になるらしい。
台風以降雨の降り方が尋常ではなくて引いてます。
被害が出なかったらいいけど…
ちなみにうちでは先日の台風で隣家の棟瓦が飛び、物置のトタン屋根を突き破っておりました。
隣家の棟瓦、沢山飛んでいてぞっとした。
ぱしゃーん!と何度か凄い音がしたんですよね。
表の植木鉢が落ちて割れていて、それかと思ったのだけれど、それだけではなかった…
瓦とか、怖すぎる。

***

お盆休みにジゴロウさんより素敵な図録を頂きまして!


IMG_5962_R.jpg 


『建物にみる江戸東京』
明治150年記念の図録で、中身を見ると明治3・4年~13年頃の写真ばかり…!
大興奮でした!


IMG_5965_R.jpg


こちら司法省の入り口。明治4年~13年頃。
旧岡崎藩本田家の上屋敷を使っていたそうです。
江藤!新平が!ここに出勤してたのね…!江藤!(好き!)


IMG_5963_R.jpg 


おお!と思ったのはこちらも。気象台です(左端に写っているもの)。
気象台の話は今年2月に「イノベーション」で少し書きましたが、日本全国の天気をたった一文で予報するとかいうアレです。正気か。笑

内務省地理局になっている…
地理とか地図というと私は陸軍の陸地測量部を真っ先に浮かべるのですが、これは参謀本部絡みだし、参本明治11年からだからなあ(参本はM10西南戦争を切欠に誕生しました)。
内務省の管轄だったんですね。

内務省は内務省で、警保局とか、そっち方面の印象が強いんだよなあ。
ちなみに陸地測量部は国土地理院の前身です。
内務省警保局は内務省の警察行政関係の部局で、特別警察(特高)でよく知られています。


IMG_5966_R.jpg 


こちら明治6年頃の近衛騎兵隊と6~13年頃の近衛兵の兵営の様子。
いやー!薩摩人か?薩摩人ですか騎馬で整列している彼等は!?(大興奮
明治6年頃、ならまだ、ギリあり得るぞ!
やーん辺見君こっち向いてー!篠原さーん!(おい)(おらんやろ

上写真には写ってないけれど、東京鎮台の写真とか残っていて驚く。
門構えは西洋なのに、建物自体は大名屋敷そのまんま!(笑)
鎮台に限らずちぐはぐな建物も多くて、時代が過渡期であることをまざまざと思い知らされます。
まあ使えるもん使うってのは、別に不思議でもないけどね。


IMG_5967_R.jpg 


更に驚いたのはこちら、陸軍教導団。
うわー、うわー、こんなん初めて見たわ…!
すごいな、こんな写真まで残ってる。

陸軍教導団は陸軍の下士官養成機関です。
明治2~4年に大阪に置かれた大阪兵学寮、これと同様に教導団も大阪に置かれていた。
当時の兵学寮の学生には児玉源太郎がおり、また寺内正毅がおります。
(兵学寮は東京に移った後陸軍と海軍に分かれます)

明治2年、軍事視察の為関西に来ていた大村益次郎が京都で襲撃されます。
その傷が元で大村は大阪で亡くなりますが、京都から大阪に移送する際、大村を運んだひとりが児玉であり寺内です。

教導団ですが、下士官かとお思いでしょうが、ここ出身の有名な人、結構いるのですよ。
ここでの成績が優秀であったら、陸軍士官学校に入ることもできたのです。目指せ将官、大将だって夢じゃない。
東條英教、田中義一、河合操、白川義則、木越安綱はここの卒業生ですね。
ついでに長岡外史と福島安正は教員として働いていたことがあります。

日露戦争期に活躍するあれこれの人物が、この写真図録に収まっている写真の門をくぐっていたと思うと面白いです。
というか幕末のあの人この人たちがここに生きていたというのが、もう何とも。
3年か4年前まで江戸時代で、江戸幕府があったんだぜ、ここ…
大名屋敷だったんだぜ…

写真は東京の中心地のごく一部で、和洋混在が多かったのだろうけれど、当時の政府が洋館をよくここまで作ったことよ。
西洋に追いつこうとする、西洋に侮られまいとする必死さを見る。

本当にいい図録を見せて頂きました。眼福でした。
ジゴロウさん、本当にありがとうございました。


大阪といえば、先週の台風で旧真田山陸軍墓地(サイト)にも被害が出ているようです(別窓)。
損傷数十基とあるけれど、それで済んでいるのだろうか…

敗戦以降管理責任者がいない為(ボランティアの方が保存の為に尽力されていましたが)、もとより経年劣化で状態がかなり悪く、墓碑が倒れていたり折れていたり割れていたり、でも修復が…
台風で状態が更に悪化し、その事態を鑑みた大阪市長が手を打つとツイッターで明言されています。
国のために命を落とした先人の墓碑だ、と。
今の大阪市長、しっかりしてるから大丈夫だと思う。
何とかなりそうで、本当にホッとしました…
史跡とかいう以前に、本当に国のために亡くなった方々なので、もっと大事にしないと(涙

*

ランキングサイトから来て下さる方がぽつぽつ増えているようで、ありがとうございます。
ちょっと動いた創作のぞいて下さっている方、また更新が少なくなっているにも関わらず、拍手して下さっている方もありがとうございます!
励みになっています。感謝、感謝です、本当に。

台風一過

台風凄かったです…
神戸に上陸って、いや、私その真東に住んでいる。お、おう…
暴風雨は2時間程であったと思いますが、本当に凄かったです。
早い段階でJRとローカル線が運休もしくはその可能性が高いと前日に告知していてくれたおかげで、昨日は出勤停止となりました。
午前中はいい天気だったのですが、お昼過ぎから雨がぽつぽつ、からの、いきなり暴風雨。
いろんな物が飛んでいて、あんな中外出するのは命取りですね。危ないわ。

自宅は免れましたが、近隣では停電したり断水したりと色々な被害が出ていたようで、本当に大変でした。
そして大阪、梅田やなんばの様子を見てぞっとした。
あまりああいった災害が起こるような所ではなし、いつも出かけている辺りがあんなことになるなんて。怖かったですね…。
関空を初め、あちこち大きな被害も出ていますし、一日でも早く復旧されますように…

ご連絡ご心配頂きました方、ありがとうございました。
とりあえず無事です。